【公開日】 2012年03月15日  【最終更新】 2017年07月27日

8MB病発症!でもSSDはオススメです

【この記事を読むのに必要な時間は約〈 2 分5秒 〉です。】

あれ?PCが立ち上がらない・・・

ちょっと前にSSDに換装したばかりのPCが立ち上がらなくなってしまいました・・・

PCを起動すると<operating system not found.>という文字が黒い画面に表示され、いっさいの操作を受け付けず。

何でだろうと思い、電源ボタンをおして終了させ、もう一度オン。

するとロゴが出てきたところでF2キーをおしてBIOSを起動。

内蔵ハードディスクの欄を見たところ・・・最大容量8MB!

これはどうも8MB病といわれる症状みたいです。

仕方が無いのでインテルのカスタマーサポートにメールで問い合わせ中です・・・

PC復活!

先日、8MB病の症状を発症したSSDは交換で対応していただくことができました^^

というわけでその帰ってきたSSDをさっそくPCに組み込みBIOSで確認。

サイズも160GBで正確に認識されました。

そのあとはリカバリーディスクを使ってウィンドウズ7を再インストール。

いろいろデータは消えてしまいましたが、今回のことはいい勉強になりました。
(バックアップを取ってなかったので焦りました…)

これはintelのSSDには必ず起こるのか?そこらへんはよくわからないですが、出来るならもう起らないでほしいですね…。

後日談

その後は何度か強制終了になったことがありましたが(SSDのせいではなく環境的な要因で)、8MB表示になったことはありません。

やはり最初の製品に何らかの不具合があったと考えるのが自然ですね。もう数年使ってますが、むしろHDDみたいに物理破損しないことや起動が早いこと点を考えるとSSDに変えてよかったと心から思います。

その後に買ったWindows8搭載のPC(HDD1TB)のほうがはるかに重いし、使えません。

HDDからSSDに変えると世界が変わるというのは本当のようですね(^^)



この記事のカテゴリーとタグ

SSD

オーサー紹介

ほんと参った

一応このブログの管理をやっております。 基本スタンスは「テキトーにやる」なので、あまり期待せずに見ていただければ幸いです。 何か御用がありましたらお問い合わせページよりご連絡ください。 ちなみにブログの人気記事を手直ししたnoteはこちらから購入できます。 クラウドソーシングでの仕事のご依頼はこちらからお願いします。

スポンサーリンク