【公開日】 2012年08月24日  【最終更新】 2017年06月02日

iphoneの電源が入らない場合の対処法

【この記事を読むのに必要な時間は約〈 1 分54秒 〉です。】

つい先ほど、使おうとして日常的に使っているiphone4sの電源を入れようとしたら、まったく反応がなく、電源が入らなくなってしまいました。

何が起きたのか?

正確には、電源を落としたわけでもないのに画面が表示されず、電源ボタンを長押ししても充電器に差しても全く画面が表示されなくなってしまったのです(-_-;)

これは困ったと思いsimカードの抜き差しなどもやってみたのですが、まったく効果はなし・・・。

これは故障かな、とあきらめて修理のためにネットで探していたところ「故障ではない可能性」が見つかりましたヽ(^。^)ノ

解決方法発見!

そしてその解決方法がすごく簡単な方法で、『ホームボタンと電源ボタンを同時に10秒以上長押しすれば良い』というものでした。

さっそく画面真っ暗で充電器を挿しっぱなしでもまったく反応しないiPhoneに試してみたところ、アップルのロゴが表示され、見事に起動してくれました。

この方法はiPhoneがフリーズしたときに強制的に再起動をかけるための方法のようですが、こういう状態のときにはすごく重宝します。

ですが、この強制再起動は通常時に使用するのは推奨されていないようなので、よほど困ったときのみ使用することにしておいたほうが良さそうです。

まとめ

iphoneを使い始めてもう3年以上経っているものの(4S自体は半年)、こういう症状は初めてで焦りました・・・。

今のところ何の問題もなく動いているので故障というわけではなかったようです。フリーズするようなことは一切やっていないので「iPhone様のご機嫌を損ねてしまったか・・・」と勝手に想像することにしました。

しかしこういうことは心臓に悪いのでもう2度と起こらないでほしいです。



オーサー紹介

ほんと参った

一応このブログの管理をやっております。 基本スタンスは「テキトーにやる」なので、あまり期待せずに見ていただければ幸いです。 何か御用がありましたらお問い合わせページよりご連絡ください。 ちなみにブログの人気記事を手直ししたnoteはこちらから購入できます。 クラウドソーシングでの仕事のご依頼はこちらからお願いします。

スポンサーリンク

コメントを残す