【公開日】 2014年09月19日  【最終更新】 2017年06月04日

iphone4sをios8に更新。その結果は?

【この記事を読むのに必要な時間は約〈 3 分51秒 〉です。】

久々のiOSメジャーアップデートなのでテンション高めにポチッてみました。下にかかった手順を箇条書きしときます。

  • 最初は9時間待ちという表示が出てきたのでさすがに放置で睡眠開始(=_=)
  • 途中、気になって目が覚め見てみると・・・エラーでストップしてました( ゚Д゚)
  • 気を取り直してもう一度。といっても結局長時間待つので再度おやすみなさい(´Д`)
  • 朝起きてインストール準備完了とのことで早速開始!
  • 1時間ほど待って終わっていろいろ確認。

さて結果は・・・!?

残念なことに、これといって変わり映えしない内容…

よく使う連絡先とかあんなところにあっても使いません。(設定>メール・連絡先・カレンダーから消せます。)

metalとかいうのにも4Sは対応してないし、写真はむしろ見にくくなるし(あまり興味はないですが)、正直何がしたいんだろう(4sだからかも)?

「タイムラプスによる撮影が可能になりました」とか言われても基本写真なんかとらないし、クレジットカードを撮影すれば簡単に取り込めるという話も特に目新しいとも思えない(むしろ要らない)し、ヒントとかいらないアプリまで入ってるし、といった感じで自分的にはいらない機能満載でした(>_<)

キーボードのサードパーティー解放とか、通知面の一部改善とか、特定アプリ(pocket等)の連携機能強化、などはある程度面白いとは思います(androidの後追いかなぁ、と思ったりしますが・・・)。

でも正直、この間のiPhone6発表の時もでしたが、iPhoneやiOSというものに対する魅力が少しずつ薄れてきてるように感じます。

android機に比べiPhoneは基本的に自由度が低いのは周知の事実ですが、その差があってもあえてiPhoneが選ばれる理由があるはずなんですが・・・。

う~ん、最新のiPhone6にしても「とにかく無理してでもほしい!」とかそんな思いになれないのですが。なぜなのでしょうか??(あくまでも私見です<(_ _)>)

どうもAppleはセキュリティ重視の方向で考えてるみたいですね。脆弱性の修正や新たな検索エンジンduckduckgo の導入なども行われているようです。

とりあえずメールが使いやすくなったのとApp Storeの表示が少し変わって見やすくなった点、アプリのバッテリー消費量がわかりやすくなったこと、なんかはプラスと考えていいのかも、ですね。

翌日・・・

とにかく動作がもたつく感じがします・・・。おかげで何度も再起動かけるハメに・・・(>_<)

正直なところ、4sはiOS8にアップデートしてもほとんどメリットがないような気がします

サードパーティー製アプリが増えてくれば別かもしれませんが、今の状態では下手をすればiOS7のほうがよかったといえるかもしれません( ゚Д゚)

まあ、正直今回のアップデートは4sユーザーにとってはメリットよりデメリットのほうが多いかもしれません。

iOS8.1にアップデートしました

iphone4sをあまりにも酷かった8から8.1にした結果、体感的には多少軽くなったかな?と思える程度になりました。

しかし、キーボード表示の際のラグやアプリ消去の際の遅れる感じはやはりストレスを感じます。

正直なところ、iOS8以降は4s対応させなければよかったのでは?といいたくなる出来ですね・・・

まあ、8にアップデートしてしまった後なら8.1にしたほうがいいと思います(気持ち的に)



オーサー紹介

ほんと参った

一応このブログの管理をやっております。 基本スタンスは「テキトーにやる」なので、あまり期待せずに見ていただければ幸いです。 何か御用がありましたらお問い合わせページよりご連絡ください。 ちなみにブログの人気記事を手直ししたnoteはこちらから購入できます。 クラウドソーシングでの仕事のご依頼はこちらからお願いします。

スポンサーリンク

コメントを残す