【公開日】 2015年06月29日  【最終更新】 2017年07月27日

楽天銀行のデビットカード切り替えが意外と簡単にできる件。

【この記事を読むのに必要な時間は約〈 4 分16秒 〉です。】

楽天銀行のvisaデビットカード(ゴールド)を持っているんですが、ほとんど使わないのに年間3,086円も取られるんですよね・・・

そこでちょっと調べてみたら、年会費永年無料のJCBデビットが出てるじゃないですか!

もともと海外に行くわけでもなく、そんな富裕層なわけでもないですからゴールドカードの特典とかあんまり興味ないんですよね。

というか、そもそもがメインで使ってる金融機関じゃないわけで。

乗り換え決定!

そういうわけでvisaからJCBへと乗り換えることに決めました!

手続きは意外と簡単で、

  1. 楽天銀行のサイトでログインした後に上の方にあるリンクの中から【カード】のところを選んでクリック。
  2. ページに飛んだら、下の方にあるカード発行申し込みからJCBデビットを選択します。
  3. すると楽天VISAデビットゴールドを廃止してJCBデビットの発行を申し込む画面になるので、必要事項を記載して確認。

これで毎回払い続けてきた年会費のイライラからも開放されると思うとけっこううれしいですね。

てかあまりにもコスパ悪すぎるだろ、VISAデビゴールド!

ショッピング保険なんて高尚なもの使うことなんてまず無いし、楽天ポイントだって年会費高いくせに無料のJCBに負ける始末・・・

そしてなにげにVISAのゴールドカード特典がセコい。初回割引とかばかりで何一つ使えるものがない。

海外での24時間日本語サポートって使わないサービスには金かけられません!

もともと口座開いた時にデビットカード申し込んだら勝手に送られてきたゴールド。普通はノーマルのほうでしょ。(それでも年会費1,000円はかかるという・・・(#゚Д゚)y)

それに会費も昔は月々300円程度だったからあまり気にしてなかったのに、ある時期いきなり年3000円一括に。 さすがに気になるけど、いざというときにないと困るからしょうがなく払いました。

でも、今回JCBデビットを見つけたおかげでこれらの不満が解消できそうですよ、よかったよかった。

あとは使えるものがどうなるかといったところですね。

さすがに日本国内中心ならJCBで問題なくいけるはずですよね^_^;ちょっと心配ではありますが・・・

JCBブランドだと使えないところも・・・

ネットでメインに使っていると日本のサイトなのにJCBに対応していないところをそれなりに見かけます。

こういうサイトの場合、PayPal(ペイパル)が使えるならいいんですが、PayPalもJCBも使えないところが多いんですよね・・・。

ということで残念ながら国内でもネットの場合はJCBはちょっと使い勝手が悪そうです。もちろん大手のサイト(Amazonや楽天、Netflixなど)で使う場合は基本的に対応しているので、その場合はあまり気にしなくても良さそうです。



結論

やっぱりVISA系のデビットカードで年会費がかからないところが一番いいのかもしれません。というより、VISAブランドのデビットカードでも必ずしも年会費がかかるというわけではないようで、楽天銀行のほか、メガバンクや地銀のVISAデビットカードは年会費が必要なパターンが多いようです。

もちろん有料の場合でも初年度無料や条件付きで無料になるカードが多いので、すでに口座を持っている場合にはそちらも確認してみると良いんじゃないでしょうか。

さてそろそろ他の銀行に乗り換えるかな・・・。

関連リンク

ついでにですが、デビットカードのメリットについては次の記事で書いているのでよければご覧ください。

デビットカードってなんで人気があるの?

 

デビットカード発行銀行を知りたい場合はVISAはこちらを、JCBはこちらをご覧ください。両方とも公式サイトが開きます。



オーサー紹介

ほんと参った

一応このブログの管理をやっております。 基本スタンスは「テキトーにやる」なので、あまり期待せずに見ていただければ幸いです。 何か御用がありましたらお問い合わせページよりご連絡ください。 ちなみにブログの人気記事を手直ししたnoteはこちらから購入できます。 クラウドソーシングでの仕事のご依頼はこちらからお願いします。

スポンサーリンク

コメントを残す