この記事はしばらく更新されていません。内容が最新ではない可能性があります。

【公開日】 2015年09月10日 

iPhone6s発表!「3Dタッチ」は魅力的だが・・・

【この記事を読むのに必要な時間は約〈 3 分10秒 〉です。】

iPhoneの新作発表会が終わりましたが今年はそれなりに面白いものがありました。

MicrosoftのSurface対抗の「iPad pro」やAppStoreからゲームをダウンロードして遊ぶことのできる新型「AppleTV」、Forcetouchと事前に呼ばれていた3Dタッチを搭載した「iPhone6S/6SPlus」とまあいろいろ出してきたなと思います。

iPadproはA9Xチップ搭載で画面分割が可能で専用のキーボードと組み合わせて使うことができ、Appleペンシルという名のスタイラスペンで太さを自在に調節しながら滑らかに文字やデザインを描くことができるというものでした。
まあ、Surface proのios版ですね。

AppleTVはコントローラーが進化、モーションセンサーやタッチパネル、その他のボタンが付いたものになっています。
本体にもストレージ(データの保存領域)が設けられ、AppStoreなどからゲームをダウンロードして遊ぶことができるという感じで紹介されていましたね。
あとはtvOSという基幹システムであるとかSiri搭載で音声で便利に操作できるとかそういった感じです。
動画見るだけとか声で操作しないという人にとってはあまり魅力のなさそうな感じでした。
そもそもテレビでショッピングができますよってだいぶ前にあった気がするんですが気のせいでしょうか。

そして前々から期待されていたForcetouchを採用したiPhone6Sが登場したわけですが、これは結構面白い感じです。
 A9/M9チップは順当なんでそこまで魅力を感じませんが(といっても結構性能アップしてますケド、)面白かったのがやはりForcetouchあらため「3Dタッチ」機能の便利さです。
強く押すことにより画面が切り替わらないでメールなどの中身を確認できたり、マルチタスクの際に簡単に切り替えができるなど「これだよこれ!」といった感じの新鮮さがありました。
そういえばカメラも進化して12メガピクセルで4K対応とか言ってました。
個人的には画像が動く「Live Photo」の機能のほうが気に入りましたけど。

しかし問題なのは価格ですね・・・
普通に考えてiPad proが10万前後なのは納得いきますが、iPhone6sがSIMフリーだとそれくらいするってちょっといかがなんでしょう?
キャリアのノルマを指摘する人もいますが、ちょっとこれはえげつない値段設定のような気がします。

iPhone5sが継続販売で無料(キャリア版)というのは評価できますが、さすがはApple、強気の値段設定できましたね・・・

iPhoneを使い続ける限り、キャリアの縛りから抜け出したくても抜け出せないというのは悲しいなあ・・・とつくづく感じます。

ちなみに実際の使用感を書いている方のブログが有ったので、こちらも参考にしてみては如何でしょうか?http://arkouji.cocolog-nifty.com/blog/2015/10/iphone-6s-bd9e.html



この記事のカテゴリーとタグ

オーサー紹介

ほんと参った

一応このブログの管理をやっております。 基本スタンスは「テキトーにやる」なので、あまり期待せずに見ていただければ幸いです。 何か御用がありましたらお問い合わせページよりご連絡ください。 ちなみにブログの人気記事を手直ししたnoteはこちらから購入できます。 クラウドソーシングでの仕事のご依頼はこちらからお願いします。

スポンサーリンク

コメントを残す