【公開日】 2016年02月28日 

ストーブにガソリン=炎上記事

【この記事を読むのに必要な時間は約〈 2 分11秒 〉です。】

炎上商法

ブログのアクセスを考えるなら記事をひたすら充実させるしかありませんが、それ以外の方法として「わざと目立つところで相手に嫌がらせなどの目立つ行動をして、自らのブログに引き込んで言いたいことを言って炎上させる」という方法があります。

基本的にこのやり方は嫌いなのでやりませんが、これって石油ストーブにガソリン入れているのと同じなんですよね。
まあ、レギュラーにハイオクという表現でもいいんですが。

確かによく燃えるわけですが、下手すれば鎮火できなくなりますから諸刃の剣になり得ます。
せっかく立ち上げたブログも過去の記事も無駄になってしまう可能性が高いです。

ですから「炎上」を「手段」だと考えている人がいるなら、基本的にはお勧めできません。
もちろん本当に自分の言いたいことを言っているのならまだいいですが、中にはけっこう適当に考えているような人が多そうなので。

メリットを上回るデメリットを受け入れられるか

そういえばこの前の「保育園落ちた日本死ね」という記事も誰が書いたのかは知りませんがよく燃えましたね。
報道番組でも取り上げられたぐらいですから知名度も一気に上がったんではないでしょうか。

でも「有名になる」って実は「リスクを負う」ことでもあるってわかっているのかな、と疑問ではあります。
だってそのブログは今後注目されて当然アンチも湧くわけですから、コメント欄や連携しているアカウントでは嫌な言葉を目にする事にもなります。

多分「死ね」とか「消えろ」じゃすまないような言葉を目にしなければならないことになるでしょう。
まあ、本人は愚痴のつもりだったのかもしれませんが、どういうわけか大衆の目に触れてしまったわけで、もしストレス発散の目的で書いていたとすればちょっといたたまれない感じになりますね。

むしろブログを開くたびにストレスが溜まっていくという…。

そういうわけなので燃料はちゃんと正しいものを使ったほうがいいよ、というお話でした。

もちろんその覚悟があってわざとやっている人であれば別に止めはしませんけども。



この記事のカテゴリーとタグ

オーサー紹介

ほんと参った

一応このブログの管理をやっております。 基本スタンスは「テキトーにやる」なので、あまり期待せずに見ていただければ幸いです。 何か御用がありましたらお問い合わせページよりご連絡ください。 ちなみにブログの人気記事を手直ししたnoteはこちらから購入できます。 クラウドソーシングでの仕事のご依頼はこちらからお願いします。

スポンサーリンク

コメントを残す