【公開日】 2016年03月01日 

就活生の皆さま、ご愁傷さまです

【この記事を読むのに必要な時間は約〈 2 分46秒 〉です。】

毎年懲りないなぁ…

また今年も就職活動の季節が到来しましたね。
まあ、自分で生計を立てていくためにはなにかしら働くしかないですから、この忌々しいイベントもある程度は動くしかないですね。

しかし、実は正社員採用という狭い枠に囚われた結果、嫌々ながら働かなきゃならなくなる可能性があることを理解していますか?

おそらく親御さんからは「就職活動しないと…」と、とにかく口うるさく言われていると思いますが、それはいまだに安定志向の強い世代の方が多いからでしょう。

しかし、今の時代、入った会社が潰れたり、リストラされることなんて当たり前のように起こりますし、必ずしも就職=安定した収入とはいえない状況になっています。

目的意識を持って行動すること

就職活動を嫌々やっていると、無駄な時間が湯水のように過ぎていくことになります。
それが嫌なのであれば何か目的を持って行動すべきだと思います。

例えば就職活動をするにしても「~がしたいから就職する」と先に目標を決めておくと、無駄な時間が有意義になることだってあり得ます。
目的さえあれば、いろんな人と出会い、話をすることによって面白い意見を聞くことも出来たりします。

ですから、就職活動をムダにしないためには「無駄を無駄でなくする」ことを意識したらいいんです。

「就活嫌だな」と思っているなら

別に就活なんてせずに、イケハヤさんたちの言っているブログやnoteで生計を立てる方法だってありますし、クラウドソーシングを今のうちにやり始めて得意な分野でコツコツ頑張るという方法もあります。

ユーチューバーなんかもありますが、競争率激しいのであんまりおすすめはしませんけど、それだって一つの選択肢なわけです。

もちろん起業という方法だって考えていいんですよ?

働く=サラリーマンである時代はとうに終わっているわけですから、就活の時間をそれだけに費やすのはもったいないと思いませんか?
別にコツコツお金を貯めて世界中を見て回ることだって出来るんです。
会社の宣伝文句を聴くよりも見聞を広めたりしたほうが実ははるかにお得かもしれません。

もちろん、会社員になってある程度の収入を得てから辞めたっていいでしょう。
でも、どうせ何かをやるなら、就活時期というのは自分の思い描いている方法を実現できる「絶好の機会」ですよ?

そういうわけで就活=絶対の構図でモノを見ていれば失敗した時が辛いので、それ以外の可能性を追求してもいいのでは?というご提案でした。

どうしてもサラリーマンになって出世したいという人が居れば止めはしませんけどね。
どうせ何をやるにも自己責任ですから。



この記事のカテゴリーとタグ

オーサー紹介

ほんと参った

一応このブログの管理をやっております。 基本スタンスは「テキトーにやる」なので、あまり期待せずに見ていただければ幸いです。 何か御用がありましたらお問い合わせページよりご連絡ください。 ちなみにブログの人気記事を手直ししたnoteはこちらから購入できます。 クラウドソーシングでの仕事のご依頼はこちらからお願いします。

スポンサーリンク

コメントを残す