【公開日】 2016年03月25日  【最終更新】 2016年04月11日

学歴が重要なのではなく学歴を「活かせるか」が重要なんですよ

【この記事を読むのに必要な時間は約〈 1 分46秒 〉です。】

学歴を誇る「バカ」

ショーンKの学歴詐称が問題になっていますが、あの問題点を「学歴がないくせに…」と考えておられる学歴至上主義のバカな方々は居られますでしょうか?
あの問題点は「学歴がなくてもその業界で食っていけた」という点、そして「その人の肩書のみに興味のある人間ばかりが顧客であった」という点でしょう。

別に学歴そのものが必要ないと言っているわけではありません
その人が何を学び、どういうことが出来るのかを判断する際に確かに重要な要素ではあるでしょう。
しかし問題は「学歴を持っている」ということばかりを誇り、その知識や技術を活かそうとしない「バカ」が世の中に大量にいるということです。

例えば「ハーバード大MBA」という学歴に多くの人が思うのは「この人はそれなりの知識も持っているだろう」ということです。
ただ単位だけをとって卒業しました、なんていうことを期待しているわけじゃないんですよ。
そんなものは「持っているだけ無駄」です。

本物のMBA出身者の皆さんは当然「おかしいだろ」と思っていたんですよね?
でなけりゃそんなものは何の足しにもならないじゃないですか?
資格とか学歴とかそういったものは「活かしてナンボ」なんですよ。
活かせないのであれば資格が無い人間のほうが遥かにマシです。

学歴至上主義者の皆さんはさも立派な「実績」をお持ちになっておられるんでしょうね。
あの安倍首相ですら総理大臣になっているんですから、もっと地位の高い場所におられるんでしょう。

だったら少しはまともなことをしろよ、と下っ端のワタクシから苦情を申し上げることにいたします。



この記事のカテゴリーとタグ

オーサー紹介

ほんと参った

一応このブログの管理をやっております。 基本スタンスは「テキトーにやる」なので、あまり期待せずに見ていただければ幸いです。 何か御用がありましたらお問い合わせページよりご連絡ください。 ちなみにブログの人気記事を手直ししたnoteはこちらから購入できます。 クラウドソーシングでの仕事のご依頼はこちらからお願いします。

スポンサーリンク

コメントを残す