【公開日】 2016年05月13日 

「Apple Watchは使ってない」は当たり前です。

【この記事を読むのに必要な時間は約〈 1 分41秒 〉です。】


(この枠内は他サイトからの引用です。当サイトのオリジナルコンテンツではありませんのでご注意ください。引用記事タイトルをクリックすると元記事がみれます。)

ジョブズを追放した男、ジョン・スカリー「Apple Watchは使ってない」(GIZMODE)

“「このまま一生砂糖水を売り続けたいのか、私と一緒に世界を変えたいか」 Appleの創業者、スティーブ・ジョブズが自社を解雇された話は有名ですが、その際にトップにいたのが、ジョン・スカリーという人物でした。”


アップル製品がいくら素晴らしいと言っても使い途がなければどうしようもありませんよね。

まして「iPhoneがなければ基本的に何も出来ない」AppleWatchを、どうすれば「使える」といえるのかが不思議です。
最低限のことは「AppleWatch単体」で出来るようにしてもらわないことには、いくら「良い製品」でも普及するわけがありませんよね。

Appleさんにはそこら辺をよく考えてもらいたいと思います。

ちなみにこの「ジョン・スカリー」という人物、ジョブズの伝記系の作品では「会社を乗っ取った悪い奴」的扱いを受けていますが、有能でなければ、ジョブズがわざわざペプシから引き抜いたりするわけがないことくらい、Apple大好きな方ならわかると思います。

あくまでもジョブズが作りたかったのは「完璧な芸術作品」であって、必ずしも「利益の出るもの」ではなかった、というだけの話です。
芸術作品は「売り込まなければ」誰も見向きもしませんからね…。



オーサー紹介

ほんと参った

一応このブログの管理をやっております。 基本スタンスは「テキトーにやる」なので、あまり期待せずに見ていただければ幸いです。 何か御用がありましたらお問い合わせページよりご連絡ください。 ちなみにブログの人気記事を手直ししたnoteはこちらから購入できます。 クラウドソーシングでの仕事のご依頼はこちらからお願いします。

スポンサーリンク