【公開日】 2016年09月10日  【最終更新】 2016年09月13日

やっと「高速通信」がまともになってきた

【この記事を読むのに必要な時間は約〈 4 分57秒 〉です。】

Appleの新作発表から一夜明けてSoftBankが打ち出してきた6000円で20GBの「ギガモンスター」、次いでauも同様の「スーパーデジラ」を打ち出しました。
(※ドコモも「ウルトラパック」を9/13に発表。こちらに関しての記事及び報道資料へのリンクは記事の最後の方にあります。)

今までの「通信制限」ばかりのプランからどう変化していくのか。ちょっと考えてみたいと思います。

 

本来は3Gから4Gの高速化により「通信量は増える」ことが想定されていたはずなのですが、これまで各社は総務省からの値下げ要請を受けて評判の悪い「新プラン」を打ち出して通信量を制限してしまっていました。

おかげで価格が対して変わらないのに2GB以上もの上限が減少した通信プランを結んでしまい、この「通信容量制限」に苦しんだ方も多いはずです。

今回はこの制限が一気に倍増するということで契約内容の変更を考えておられるという方も多いのではないでしょうか。

 

特にデメリットは無さそう

こういった「めちゃくちゃお得なサービス」は、大抵の場合何らかの「ワナ」が仕掛けられていることが多いですが、今回のプランには特にワナと言えそうなものは見つかりません。

むしろ短期間(3日で1GB)での通信量制限がかからない(SoftBank)みたいなので「やれば出来るじゃん!」って感じですね^^

まあ、あえて言うならばSoftBankのギガモンスターの場合は「テザリングオプション」が来年4月からは1000円/月かかるということがネックです。(今はキャンペーン中で来年4月までは無料)

auの場合「データギフト」非対応ということが明示されています。
(auの場合は記載内容が少ないため、ソフトバンクと比べどこがダメなのかを判別しにくいです)

あとはキャンペーン次第ではそれらの特典解除されるかもしれないということぐらいですね。

しかし月々の通信の余りは「くりこし」出来るみたいなので「使わなかったのに・・・」という不満もあまり持たずに済みそうです。

とりあえず「むしろこれでいいの?」ってくらい譲歩してきた格好ですね。

 

携帯代は上がるけれど通信量制限によるストレスからは軽減される!

今回のプラン、確かに今までの標準プラン(5GB)に1000円を追加することになるので携帯代は「高くなる」というのは確かです。

しかし、5GBのプランからたった1000円を追加するだけで動画や音楽などのストリーミングサービス、ソーシャルゲームなどのコンテンツをより多く楽しめるようになるため、よく通信量制限に引っかかる方にとっては十分に検討に値するものだと思われます。

あくまでも自分の使い方と相談して「なるべく安く、速く、大量に」を求める方は変更もありなんじゃないでしょうか

ちなみにSoftBankの場合、このプランを使うとスマ放題ライト(1700円)+Web基本料(300円)+ギガモンスター20GB(6000円)= 8000円(テザリングを入れた場合は来年4月より+1000円)が最安となるようです。(割引サービス等が明記されていないのでこれが最安かは不明です。)

auはスマートバリュー適用時、月額6590円から利用できるということです。(明記あり)

これに伴い両社とも過去の大容量データ定額プランを廃止するようなのでおそらくドコモもこれに追随してくるでしょう。(しないとひとり負けの状況に・・・)

いや、やっとまともに通信できる世の中になりそうでよかったですね(^o^)

SoftBankの資料によれば今後ますます通信量は増大することが見込まれているようなので、将来的には更なる値下げもありそうな予感がします。

やはりドコモも20GBで6000円のプランを発表

やっぱりドコモも出してきました。
NTTドコモ、大容量パケットパック「ウルトラパック」を発表 − 20GB/月額6,000円から

報道資料(プラン詳細)はこちらから

これで3社とも出揃ったわけですがやはり他社のプランに合わせてくるだけでプラスαがあるようなところはないですね。
この状態だと他社からシェアを奪うという展開は基本的にあり得無さそうですので、結局収まるところに収まったってところですね。

U-MOBILEのようなMVNOも同様かそれ以上のプランをより安く出しているので、回線品質で勝負するのか、サポートで勝負するのか、メリットを明確にしてもらわないと契約減少の傾向は止まらないかもしれません。



オーサー紹介

ほんと参った

一応このブログの管理をやっております。 基本スタンスは「テキトーにやる」なので、あまり期待せずに見ていただければ幸いです。 何か御用がありましたらお問い合わせページよりご連絡ください。 ちなみにブログの人気記事を手直ししたnoteはこちらから購入できます。 クラウドソーシングでの仕事のご依頼はこちらからお願いします。

スポンサーリンク

コメントを残す