【公開日】 2016年11月20日  【最終更新】 2017年05月27日

ナマケモノは本気を出せばすごいらしい。

【この記事を読むのに必要な時間は約〈 1 分36秒 〉です。】

睡眠1日20時間、基礎代謝量が極めて低く激しい運動は自殺行為。そのため動くときは超ゆっくり、食事や睡眠は当たり前として、交尾や出産まで木にぶら下がって行う、ナマケモノ。でもそんな怠けているように見えるナマケモノが、そうは見えなくなる時があるんです。

情報源: 「なまけてなどいない…!」 ナマケモノが本気を出す時|ギズモード・ジャパン

まさかナマケモノが本気を出す時があるとは驚きです(^^;)

一日のうち起きている時間のほうがはるかに短いはずのナマケモノでも子孫繁栄という目的のためにはその労力を惜しまないんですね。

しかもこれ、記事には思春期の男子扱いでちょっとかわいそうですが、冒頭部分(引用部分)にもちゃんと「激しい運動は自殺行為」って書いてあるように、このナマケモノ君にとっては命を懸けた一大イベントなわけですよ。

もう草食系どころか仙人に近いのにそこは譲れないのね・・・。

怠けたくて怠けているわけでもないのに「ナマケモノ」という有り難くない名前を頂戴しているナマケモノですが、ここまで効率的な生き方をしている哺乳類はめったにいないので自分も見習いたいものです(⌒∇⌒)

でもナマケモノ自身の感覚ってどうなってんだろ?

曜日とか時間とか人間みたいに縛られることはないと思うけど、それにしたってずっと木の上で寝てばっかりっていうのは自分という感覚すら失いそうなものですが・・・。

面白そうな記事だったのでちょっと紹介してみました。



オーサー紹介

ほんと参った

一応このブログの管理をやっております。 基本スタンスは「テキトーにやる」なので、あまり期待せずに見ていただければ幸いです。 何か御用がありましたらお問い合わせページよりご連絡ください。 ちなみにブログの人気記事を手直ししたnoteはこちらから購入できます。 クラウドソーシングでの仕事のご依頼はこちらからお願いします。

スポンサーリンク

コメントを残す