【公開日】 2016年11月21日 

ストレスが溜まっている時こそ睡眠を。

【この記事を読むのに必要な時間は約〈 1 分1秒 〉です。】

現代社会でストレスを抱えていない人なんて限られています。

誰もが毎日の仕事や学校でストレスを感じ、時には辛くてどうしようもなくて、涙が出てくることもあるでしょう。

そんな時こそ、いつもより1時間だけ早くベッドに入ってみてください。

眠れなくても目を閉じて、安らかな音楽を聴いてみてください。

疲れている時は思考がマイナスになりがちです。

どうか自分を追いつめず、身体も頭も休ませてあげてください。

cat-1826614_640


ストレスは単に気分的な問題ではなく、肉体にも多大な影響を与え、下手をすれば死ぬことだってあり得ます。

睡眠は日常生活の中で効率的にストレスを発散する手段です。

有効に活用して日々のストレスに打ち勝てる体づくりをしていくことをおすすめします。

眠れないときには音楽を聴くほかにも軽い運動や温めのお風呂に入るなどすると寝つきがよくなります。

お試しあれ。



この記事のカテゴリーとタグ

オーサー紹介

ほんと参った

一応このブログの管理をやっております。 基本スタンスは「テキトーにやる」なので、あまり期待せずに見ていただければ幸いです。 何か御用がありましたらお問い合わせページよりご連絡ください。 ちなみにブログの人気記事を手直ししたnoteはこちらから購入できます。 クラウドソーシングでの仕事のご依頼はこちらからお願いします。

スポンサーリンク

コメントを残す