【公開日】 2016年11月23日 

おススメの節電方法

【この記事を読むのに必要な時間は約〈 2 分21秒 〉です。】

「LED電球やLEDシーリングライトは価格がかなり安くなってきていて、白熱電球と比べて消費電力は1/10程度に抑えられるので、節電をしたいという方はまず電球の見直しからスタートするのがおススメです。」

led-1223945_640


「電気代を抑えたい・・・!」

多くの方が思っていることだろうと思います。

そこで最も手軽に節電するための方法として「LED電球」を使用する、ということをおすすめします。

LEDは白熱電球と比べてもはるかに省電力で、メンテナンスの手間もはるかに少なくて済みます。詳しくは下記のサイトをご覧ください。

LEDの省エネとコスト比較(特定非営利活動法人LED照明推進協議会)

上手くいけば10年間交換要らずで、しかも最近では価格も低下してきていて導入しやすくなってきています。

今後、電球は白熱電球などにしか対応していない部分のサポート以外ではLED電球に変わっていくとされています。

基本的に口金部分が合えば既存の電球とも交換可能で、導入についての難易度はそこまで高くありません。

ただし、熱に弱い、比較的重い、照射方向が限定的など多少使いづらいところもあるので、そこは既存の電球で補うことになります。

ただし最近では白熱電球に近いタイプのLED電球も開発されているようですのでデメリットも徐々に薄れつつあります。

下記はパナソニックホームページの「全ての電球から取り替え可能ですか?」という質問に対する答えです。

基本的には問題ありませんが、断熱施工器具や屋外では使用できません。また電球とは広がり方(配光)が異なりますので、器具の種類によっては適切な配光や明るさが得られない場合があります。

その他、詳しいことについてはすでに書かれているサイトがあるのでそちらをご参照ください。

LED照明(電球・蛍光灯)のメリット・デメリットって?(電力比較サイトエネチェンジ)

最初はドキドキしますが使ってみると結構便利ですよ。

下はPanasonicのLED電球のページですが、見てみるといろんな種類があって感心させられました。興味のある方はどうぞ。

Panasonic LED電球ラインナップページ



この記事のカテゴリーとタグ

オーサー紹介

ほんと参った

一応このブログの管理をやっております。 基本スタンスは「テキトーにやる」なので、あまり期待せずに見ていただければ幸いです。 何か御用がありましたらお問い合わせページよりご連絡ください。 ちなみにブログの人気記事を手直ししたnoteはこちらから購入できます。 クラウドソーシングでの仕事のご依頼はこちらからお願いします。

スポンサーリンク

コメントを残す