【公開日】 2017年02月20日  【最終更新】 2017年04月18日

中国 人民元 規制について

【この記事を読むのに必要な時間は約〈 1 分16秒 〉です。】

最近、仕事上で人民元のトラブルをよく聞きます。

 

・日本から中国に貸付したお金(いわゆる親子ローン)が戻ってこない

・中国に販売した商品のお金が予定通り振り込まれない

・中国から配当を受け取ろうとしたら、駄目だといわれた

 

これは、中国政府が規制しているためで、取引相手や銀行に非があるわけではありません。

それを知らずに、取引相手に文句を言っている人、銀行に怒鳴り込んだりしている人、中国人は適当だからと国民性のせいにする人、

いろいろ居ます。

 

正しく状況を理解しないと、ビジネスの関係も悪化するので気を付けたいですね。

(とは言え、人民元はIMFの国際通貨SDRに指定されたのに、このような規制をして許されるのでしょうか?)

 

(2月20日 追記)

ついに私の仕事でも、中国から海外送金できないという事態にあいました。

銀行から難癖をつけられて、送金拒否されたようです。

(銀行も、当局の指導に基づいて嫌々、送金拒否しているのでしょうが)

 

幸い、送金時期をずらすことで、受け入れてもらえそうなので大事にはならなかったです



オーサー紹介

forget-me-not

東京生まれ、海外育ちの国際派人間。 年の1割を海外で過ごす、空飛ぶ財務部員です。 (経理ではありません、財務です。) 超巨大企業、ベンチャー企業、新規上場(IPO)の経験があります。 MBA、公認内部監査人(CIA)の資格持ちです。

スポンサーリンク