【公開日】 2017年03月31日 

退位後の天皇陛下の呼称についてのギモン

【この記事を読むのに必要な時間は約〈 1 分20秒 〉です。】

天皇陛下の生前退位の件について、いろいろと呼称で悩んでいるようですが、上皇などとするよりも『前天皇』と書いて『さきのてんのう』と呼ばせたらいいだけじゃ無いんですかね?

なぜ建前を気にして呼称すら前からあるものを使おうとするのかわかりません。

日本国内では「前なになに〜」や「元なになに〜」で現職と区別しているもの多いじゃないですか。

皇后さまについても『前皇后(さきのこうごう)』でいいでしょ。
あくまでも皇后という称号は天皇陛下の妃という意味合いでしかないわけですから。

秋篠宮を皇太子か皇太弟かどっちで呼ぶか、なんて、こんなのは場合によるわけですから、皇太子が現状のまま即位した場合には弟である秋篠宮さまは皇太弟と扱われるのが普通です。

宮号はあくまでも名字としても使われるわけですからわざわざ取らずとも『皇太弟秋篠宮殿下』でいいと思いますけどね。

もちろんそのお子様たちも宮号を共有するわけで。

伝統と格式とは言いますが、天皇制だって実は時代によって少しずつ変化しているわけですから、この程度の変更はありだと思いますけども。

あまりにも上皇とかいう昔の院政の名残みたいな呼称を使おうとしているのでちょっと形式的なものを気にしすぎではと思えてなりません。



オーサー紹介

ほんと参った

一応このブログの管理をやっております。 基本スタンスは「テキトーにやる」なので、あまり期待せずに見ていただければ幸いです。 何か御用がありましたらお問い合わせページよりご連絡ください。 ちなみにブログの人気記事を手直ししたnoteはこちらから購入できます。 クラウドソーシングでの仕事のご依頼はこちらからお願いします。

スポンサーリンク