【公開日】 2017年05月10日  【最終更新】 2017年05月30日

フラットデザインやめました

【この記事を読むのに必要な時間は約〈 2 分54秒 〉です。】

最近、モバイル対応を前提としているからか[フラットデザイン]を採用しているサイトが多いですが、正直なところ個人的に好きではなかったので脱却(ドロップアウト)することにしました。

どちらかというと個人的にはiOS6以前のあの質感のあるデザインが好きだったので、「あんな感じに出来ればなぁ。」と思って適当に弄り回してました。

もちろん「おぉスゲェ・・・!」なんて言われるようなそんなスキルは持ち合わせていないので、box-shadowやグラデーションを多用して「なんちゃって質感」を出してみましたよ(^^)

もともとスタイルシートをいろいろいじっている時点でフラットデザインからちょっと外れてましたが、今回は完全に外れることになっちゃいましたね。

でも、いちおうは見やすさも考えてますよ~。

例えばディスプレイ越しに光だけを発する白系の色は目にキツいので、一時期流行った紙のような背景画像を使用しましたし、下には布地を意識した背景を設置しました。まあ、これだけですが・・・Σ(´∀`;)

ちなみにサイトのヘッダー部分は完全に個人的な好みです。どうしても金属感が欲しかったので・・・(;・∀・)サイトのテーマとは全く関係ないです(笑)

 

たしかにフラットデザインのような余計なものがないシンプルかつミニマルなデザインはnoteやMediumでも使用されており、決して悪いものではないと思います。

ですが、あれは・・・あくまでもああいう「フォーマット」だからこそ映えるんじゃないかなと思います。みんな一緒のデザインで「中身」で勝負っていう・・・ね。

でも、それ以外の場所でワードのテキストだけベタって貼ってあるサイトっていうのもなんか嫌ですよね?

昔のサイトをのぞいてみたらわかりますが、少しでも軽い画像を使ったり、背景色を工夫したりして「脱平面化」を図ろうとしていた時代もあったわけですよ。

個人のサイトはデザインで少しでも差をつけられるのに、まったく弄らないというのは手抜きと変わらない気がします。せっかく使えるフリー素材がネット上にはたくさんあるんですから、カスタマイズしないのは勿体無いんじゃないでしょうか。

もちろんやり過ぎは逆効果ですね(ちょっと反省・・・)(´・ω・`)

あまりにも重たい画像なんかを使いすぎると読み込みに時間もかかりますから、SEOの観点からも推奨されないと思います。そこは(個人的に)いちおう気を付けたつもりです。このサイトが重いのはどちらかというとスクリプトの類だと思います(たぶん・・・)。

さて、一通り終わったし、次はコンテンツ(記事)の方もどうにかしなきゃなぁ・・・(´ε`;)ウーン…



オーサー紹介

ほんと参った

一応このブログの管理をやっております。 基本スタンスは「テキトーにやる」なので、あまり期待せずに見ていただければ幸いです。 何か御用がありましたらお問い合わせページよりご連絡ください。 ちなみにブログの人気記事を手直ししたnoteはこちらから購入できます。 クラウドソーシングでの仕事のご依頼はこちらからお願いします。

スポンサーリンク