【公開日】 2017年06月18日 

フィルム式使い捨てカメラまだ生きてたのか・・・!?富士フイルムが「写ルンです」のプレミアムキットを数量限定で販売。

【この記事を読むのに必要な時間は約〈 3 分20秒 〉です。】

まだあったんですね、使い捨てカメラ・・・。

富士フイルムがフィルム式使い捨てカメラ(正確にはレンズ付きフィルムらしいです)「写ルンです」のプレミアムキットを30,000セットの数量限定で発売するということです。

スマホ世代にはあまり馴染みがないものかもしれませんが、それ以上の世代の方は子供の頃なんかにお世話になったんじゃないでしょうか?

「写ルンです」とは?

「写ルンです」は富士フイルムが1986年に販売を開始した使い捨てのレンズ付きフィルムです。

本体にフィルム、レンズ、ファインダー、フラッシュなどが最初からついており、1回写真を撮るたびに本体に付属しているフィルムを巻くためのギアを回すことでフィルムの規定枚数ぶんの撮影が可能となっています。

現像の際はそのままフィルムを取り出さずにカメラ屋や写真屋などに持っていくことで有料で写真用紙にプリントしてもらえます。

最近はPCなどでも確認できるようにデジタル化もしてくれるようですよ。

ちなみに現在は『写ルンです 1600 Hi・Speed』、『水に強い写ルンです New Waterproof』、『写ルンです シンプルエース』の3機種が販売されています。

詳しくはこちらのページをご覧ください。

カメラ付き携帯もデジタルカメラもない時代、旅先で簡単に手に入る使い捨てカメラはとにかく便利でした。子どもの頃はお世話になりましたが、最近は写真を撮るにしてもスマホですべて完結しますから、すっかり存在を忘れてました・・・。

プレミアムキットって何?

今回数量限定で発売される『写ルンです』プレミアムキットとは、27枚撮りの『シンプルエース本体2つ』に『初代写ルンです風デザインのシリコンカバー』と『カラビナストラップ』をセットにした商品です。

2016年に30周年記念で発売されたアニバーサリーキットとはまた違うデザインで、昔を知る人だけではなく、新たにフィルム式カメラに興味を持った若い人にもおすすめの商品ということです。

ただし、あくまでも付加価値がある(プレミアムな)のはカバーやストラップで、カメラ本体は現行品なので昔の本体が入っているわけではありません。一応そこのところはお間違えなく。

まとめ

しかしいまだにフィルムカメラが生産されていることに驚きました。

昨年がちょうど30周年だったということもあり、特集サイトもあるようなので少しでも興味を持った方はのぞいてみるといいかもしれません。

写ルンです 30thアニバーサリー「写ルンです Life」|富士フイルム

最近はレコードやCD、フィルムカメラなど古いものの価値を新しい世代が再発見することが多いようですね。懐古主義ではなく温故知新であってほしいですが。

今回はフィルム式カメラというものを久々に見た気がするので記念に書いてみた次第です(_ _)

関連リンク

ソース:「写ルンです」プレミアムキット数量限定発売のご案内|富士フイルムイメージングシステムズ株式会社

 



オーサー紹介

ほんと参った

一応このブログの管理をやっております。 基本スタンスは「テキトーにやる」なので、あまり期待せずに見ていただければ幸いです。 何か御用がありましたらお問い合わせページよりご連絡ください。 ちなみにブログの人気記事を手直ししたnoteはこちらから購入できます。 クラウドソーシングでの仕事のご依頼はこちらからお願いします。

スポンサーリンク

コメントを残す