【公開日】 2017年07月03日 

格安スマホ契約してみてどうだった?

【この記事を読むのに必要な時間は約〈 31 分58秒 〉です。】

今回もクラウドソーシングを利用して【使っているMVNOとその感想】を聞いてみました。

正直、どんなプランがあるのかは自分で調べても良かったんですが、各社ともプランがごちゃごちゃしていますし、使用者の声を直接的に聞けるほうがメリットが大きいと判断してアンケート方式となりました。

せっかくですから興味がある方は見ていってください。

ちなみに事業者別に分けてあります。

楽天モバイル

今回のアンケートで最も多かったのが楽天モバイルを利用しているという方でした。スマホとのセットプランであるコミコミプランや通信速度が200kbpsと低速な代わりに最安のベーシックプランのほか、3.1GBプランなどが人気があるようです。

ベーシックプラン

  • 最大通信速度200kbps
  • 高速通信容量なし

料金

  • データSIM 525円
  • 050データSIM(050番号+SMS) 645円
  • 通話SIM 1250円

アンケート結果

使用機種 SIMの種類 月々の支払い 使用しての感想
SHARP AQUOS  通話SIM? 2000円  月額料金が2000円にもかかわらず、通信状況が安定しているので満足しています。
HUAWEI P9 lite 通話SIM  1500円  毎月の料金を安くしたかったので、この金額に満足しています。
HUAWEI Mate 9 通話SIM?  3000円  大手キャリアから乗り換えて、かなり料金が安くなり満足しています。また、楽天ポイントなど貰えるので嬉しいサービスに感じています。

ベーシックプランは安さが特徴だと思うのですが、1500円~3000円と意外と支払金額は多いようですね。もしかしたら一部は端末代金の支払いがあるのかもしれませんが、今回はそこまで調査していないのでわかりませんでした。

それでも「安く済んだから良かった」という意見ばかりなのは3大キャリアの支払額が6000円以上というのがザラだからでしょう。

3.1GBプラン

  • 高速通信容量3.1GB(4G・LTE)
  • 超えた場合の通信速度200kbps

料金

  • データSIM 900円
  • 050データSIM(050番号+SMS) 1,020円
  • 通話SIM 1,600円

アンケート結果

使用機種 SIMの種類 月々の支払い 使用しての感想
Xperia X compact 050データSIM 1,020円 思っていたより通信速度が速く、支払いに楽天ポイントを使えるので良い。
HUAWEI Mate 9 通話SIM 1,730円 格安SIMの中では珍しく店舗でのサポートも受けられる点が良いと思います。
Xperia A4 通話SIM 1,500円程度 楽天ポイントが使えるので、毎月数百円割引される点がグッド。
freetel priori 3 通話SIM 1,700円 大手キャリアと比べて料金が非常に安い
SC-02F データSIM 900円 通信が安定していて、3日制限がなくなったから。

通信の安定性やサポートなどMVNOのイメージとは逆の感想が目立ちます。それに楽天ポイントが支払いに使えるという点をメリットと捉えている方も多いようです。

面白いのは基本料金はベーシックプランより高いはずなのにこちらの支払いは900円~1,730円と先ほどよりも低くなっています。昔から使っている端末をそのまま利用する方や中古で手に入れてから利用する方が多いのかもしれません。

コミコミプラン

  • 月額使用料と端末料金に加えて5分間のかけ放題がセットになったもの。
  • 4つの料金プラン(S・M・L・LL)があり、それぞれに購入できる端末が違う。
  • 1年目は安いが2年目になると高くなる。(2年契約のため逃げられない)
  • 最低利用期間は24ヶ月で契約解除料は12,000円。

料金

  • コミコミプランS(高速データ通信2GB)
    1,880円(1年目)⇒2,980円(2年目)⇒2,446円(3年目以降)
    選択可能な端末 ASUS Zenfone 3 Max・HUAWEI nova lite・ASUS Zenfone Go・ASUS Zenfone 2 laser(店舗のみ)・ZTE BLADE E01・HUAWEI P9 lite
  • コミコミプランM(高速データ通信2GB)
    2,480円(1年目)⇒3,480円(2年目)⇒2,230円(3年目以降)
    選択可能な端末 SHARP AQUOS SH-M04・SHARP AQUOS SH-RM02・HUAWEI P10 lite
  • コミコミプランL(高速データ通信4GB)
    2,980円(1年目)⇒3,980円(2年目)⇒2,613円(3年目以降)
    選択可能な端末 HUAWEI nova・FUJITSU arrows M03・ASUS Zenfone 3
  • コミコミプランLL(高速データ通信4GB)
    3,480円(1年目)⇒4,480円(2年目)⇒2,696円(3年目以降)
    選択可能な端末 SHARP AQUOS mini SH-M03・HUAWEI Honer 8

アンケート結果

使用機種 プラン 月々の支払い 使用しての感想
arrows M03 コミコミプラン L 1,064円/月(利用料金)+1,472円/月(端末代金)=合計2,536円/月 ライトユーザーなので、料金の安さ(楽天スーパーポイントによる値引き)だけで十分満足しています。
Zenfone Go コミコミプラン S 1978円 端末が使いやすいし、5分かけ放題は便利。料金も安くて優秀だと思います。

端末込みの料金プランなので高くなるかと思いきや、楽天スーパーポイントによる値引きなどで月3,000円を切っている方がいるのは驚きです。ただしこのプランは2年目の料金が1,000円前後跳ね上がるので安定した契約をしたい方には向かないようです。

あくまでも大手キャリアと同じような支払いのほうが安心して端末を購入できるという方向けのプランですね。通話が5分間無料でかけ放題という点も使い方によっては魅力的かもしれません。

 

今回紹介したプラン以外にも5GB~30GBと幅広いプランが用意されています。楽天モバイルのページにはプラン診断のページもあるのでそちらを利用するとより自分にあったプランが分かるかと思います。

また、楽天モバイルはキャンペーンなどで端末を安く手に入れる機会も多く、楽天の他のサービスでためたポイントを支払いに充てることができるので実際の金額よりも割安感があります。

ただし、キャンペーンを利用して契約した場合など最低利用期間が定められているものもあるのでそのあたりはちゃんと確認しておきましょう。

mineo

やはり早い時期から有名だったmineo(マイネオ)の利用者も多いようです。

ドコモとauの両方の回線があるので両キャリアの利用者はそのまま乗り換えられるというのがメリットかもしれません。ソフトバンクユーザーは残念ながらシムロックを解除するか、対応端末を入手するしかないようです。

ちなみにドコモ回線を使ったプランをDプラン、au回線を利用したプランをAプランといい、両プランは基本的にはあまり変わりませんが、音声通話が付いたプラン(デュアルタイプ)だと多少Dプランの方が高いようです。

またデータ通信のみ(シングルタイプ)でSMSを利用したい場合、Aプランでは基本料がかかりませんが、Dプランでは120円のSMS基本料がかかるという違いもあります。

テザリング対応端末も違うので契約する際には確認が必要です。

今回はプランが不明な回答もあったのでまとめて掲載しておこうと思います。

シングルタイプ(データ通信のみ)

  • 料金はAプラン・Dプラン共通
  • プランは容量別に7つ(500MB・1GB・3GB・6GB・10GB・20GB・30GB)。
  • 1か月ごとにプランは変更可能
  • オーバーした場合は100MB単位で追加可能(150円/100MB)
  • 超過時の最大速度200kbps
  • DプランのみSMS申込に120円/月かかる。
  • パケットシェア機能あり。
  • 最低契約期間・解約手数料無し。(ただし12か月目までのMNP転出は12,420円かかるため、実質的には1年縛り)

料金

  • 500MB 700円
  • 1GB 800円
  • 3GB 900円
  • 6GB 1,580円
  • 10GB 2,520円
  • 20GB 3,980円
  • 30GB 5,900円

デュアルタイプ(通話SIM)

  • プランはシングルタイプと同じ7つ。
  • 音声通話の定額オプションあり。(5分かけ放題サービス:5分以内の電話が無料 850円/月・通話定額30/60:毎月30分間もしくは60分間分の通話が定額、超過分は通常料金。通話定額30 840円/月・通話定額60 1,680円/月)

料金(Dプラン/Aプラン)

  • 500MB 1,400円/1,310円
  • 1GB 1,500円/1,410円
  • 3GB 1,600円/1,510円
  • 6GB 2,280円/2,190円
  • 10GB 3,220円/3,130円
  • 20GB 4,680円/4,590円
  • 30GB 6,600円/6,510円

アンケート結果

使用機種 SIMの種類 月々の支払い 使用しての感想
京セラ URBANO L02 Aプラン シングルタイプ 500MB 756円 メールやLINEといった低データ通信に特化したプランはライトユーザーに最適だと思います。また、音声通話も100円追加すれば、IP電話が利用出来て、お得だと思います。
OUKITEL U7 Plus Dプラン デュアルタイプ 3GB 2000円 値段がとにかく安いし、データ通信も不安定になることもない。更には、余ったデータ通信量は来月に繰越が出来るし、家族内で分け合えることが出来る。テザリングも可能でとても満足している。
freetel SAMURAI REI Dプラン シングルタイプ 3GB 972円 安くてスムーズに動くので。
iPhone (回線・通話の有無不明)3GB 1500円 素直に安い。3ギガじゃ足りないので5ギガのプランに変更するか悩み中。
Xperia Z1 Aプラン(詳細不明) 3300円 速度(に満足している)

基本的には安いプランのほうが人気があるようです。500MBプランという少しだけ高速通信が使えるプランが700円と楽天モバイルの3.1GBプランの900円より安いので、「200kbpsじゃ遅すぎて使えないけどSNS程度にしか使わないから1GBもいらない」という方には向いているのかもしれません。

データ通信のみのシングルタイプのプランでも100円/月で050IP通話アプリのLaLa Call(ララコール)を使えるので050番号でもいい場合にはとにかく安く運用できそうです。

iPhoneを利用してテザリングをする場合にはDプランを選択する必要があるので、そちらは間違えないように注意しましょう。

 

mineoもHUAWEIやASUSなどの機種をセット販売していますし、白ロム販売サイトの『ムスビー』と提携しているようなので使用できる端末を手に入れるのには苦労しないと思います。

LINEモバイル

LINEモバイルの特徴は「SNSの通信量をカウントしない」ということですね。最も安いLINEフリープランでもLINEを使用した分の通信量はカウントされません。

SNSを頻繁に利用する方にはおすすめできるMVNOかもしれません。

LINEフリープラン

  • LINEアプリ(アプリ以外は対象外)の通話・トークが使い放題(通信量にカウントされない)
  • データ容量1GB
  • 容量を超えてもカウントフリー対象の通信は高速通信のまま。

料金

  • データSIM 500円
  • SMS機能追加 +120円(620円)
  • SMS+通話機能追加 +700円(1200円)

コミュニケーションフリープラン

  • LINE、Twitter、Facebook、Instagramの通信量がカウントされない
  • データ容量は3GB・5GB・7GB・10GBの4つから選択可能。
  • カウントフリー対象は高速通信

料金(データSIM SMS付き|通話SIM)

  • 3GB 1,110円|1,690円
  • 5GB 1,640円|2,220円
  • 7GB 2,300円|2,880円
  • 10GB 2,640円|3,220円

MUSIC+プラン

  • LINE・Twitter・Facebook・InstagramにプラスしてLINE MUSICのデータ通信量がカウントされない
  • データ容量は3GB・5GB・7GB・10GBの4つから選択可能。
  • カウントフリー対象は高速通信
  • LINE MUSICの費用は別途必要(20時間/月 500円・定額聴き放題 960円/月)

料金(データSIM SMS付き|通話SIM)

  • 3GB 1,810円|2,390円
  • 5GB 2,140円|2,720円
  • 7GB 2,700円|3,280円
  • 10GB 2,940円 |3,520円

アンケート結果

使用機種 SIMの種類 月々の支払い 使用しての感想
XPERIA コミュニケーションフリープラン 5GB 3500円 SNSが通信カウントフリーであり、使い勝手が良い。
iPhone7 128GB ローズゴールド コミュニケーションフリープラン 3GB 1110円 通信速度が比較的速く、ツイッターに画像や動画をアップロードする機会が多いので、その分の通信料が取られないのが魅力です。

人気があるのはやはりSNSが使い放題になるコミュニケーションフリープランのようです。LINE MUSICのカウントフリーのために最低でも300円程度かかる上に別途契約が必要というMUSIC+プランは正直微妙ですね。

 

他にも購入端末補償を450円/月、持込端末補償を500円/月で追加できるようですし、10分間の電話通話料が無料となる10分電話かけ放題が880円/月で利用できるようです。

基本使用料の1%がLINEポイントとして貯まるということなので、LINEのヘビーユーザーには意外と嬉しいMVNOなんじゃないでしょうか。

DMMmobile

DMMmobileもテレビCMなどですでにおなじみのMVNOですね。

特徴は低速通信時に一瞬だけ読み込みスピードが早くなるバースト機能と他社よりも安い料金設定でしょう。回線はドコモ回線のみで、最安はシングルコース データ通信SIMプラン ライトの440円で200kbpsで通信無制限のプランとなっています。

シングルコース(SIMカード1枚)・シェアコース(データ通信SIM3枚・通話対応SIM1枚+データ通信SIM2枚)

  • データ通信SIMプランと通話対応SIMプランの2通りがある
  • ライト(シングルコースのみ)・1GB・2GB・3GB・5GB・7GB・8GB・10GB・15GB・20GBと細かい通信量プラン
  • 1GB~7GBまでのプランはSIM1枚追加につき300円/月加算(シェアコース)

料金 (データ通信SIM|通話対応SIM)

  • ライト 440円 | 1,140円
  • 1GB 480円 | 1,260円
  • 2GB 770円 | 1,380円
  • 3GB 850円 | 1,500円
  • 5GB 1,210円 | 1,910円
  • 7GB 1,860円 | 2,560円
  • 8GB 1,980円 | 2,680円
  • 10GB 2,190円 |2,890円
  • 15GB 3,280円 |3,980円
  • 20GB 3,980円 |4,680円

シェアコース(通話対応SIM2枚以上)

  • 通話対応SIM2枚+データ通信SIM1枚か通話対応SIM3枚を選択
  • 通話SIMはSMS対応(データ通信SIMは150円/月で追加可能)

料金(通話2枚+データ1枚|通話3枚)

  • 1GB  1,960円 |2,660円
  • 2GB  2,080円 | 2,780円
  • 3GB  2,200円 | 2,900円
  • 5GB  2,610円 | 3,310円
  • 7GB  3,260円 | 3,960円
  • 8GB  3,380円 | 4,080円
  • 10GB  3,590円 | 4,290円
  • 15GB  4,680円 | 5,380円
  • 20GB  5,380円 | 6,080円

アンケート結果

使用機種 SIMの種類 月々の支払い 使用しての感想
iPad2 シングルコース データ通信SIMプラン 1GB 524円 安くて、繋がりも他社に比べて早いし安定している。
ASUS Zenfone3 シングルコース データ通信SIMプラン 1GB 540円 DSDS機種を使い、通話はdocomo契約での使用。使い勝手は変わらず、月々の支払いが約7,000円から約4,000円に安くなったから。
ASUS ZenFone 3 Max シングルコース 通話対応SIMプラン 1GB 月々1500円程度で、通話が多い月でも2000円に達することはありません。  未回答

やはり最安のライトではなく1GBプランのほうが人気があるようです。

安く運用しようとすれば500円前後で運用できそうですね。

 

DMMもデータ通信へのSMS機能付加(150円/月)や購入端末の補償(端末交換オプション 350円/月)、5分かけ放題(DMMトークアプリからのみ 850円/月)などオプションサービスはあるようです。

解約についてはデータ通信SIMは1ヶ月から解約できますが、音声通話SIMは1年縛りで途中での解約手数料は9,000円かかるようです。

IIJMIO(アイアイジェイミオ)

IIJMIOもmineo同様にdocomo回線のDプランとau回線のAプランの2タイプの回線を提供しています。

特徴といえるのは2枚以上のSIMを利用している場合、AプランとDプランの間でデータ容量をわけあえるということでしょう。

Aプランの場合、データ通信専用SIMにはSMS機能が最初から付帯しているので、DプランでのSMS利用より少し安く済みます。(Dプランの場合140円/月が必要)

ちなみに大容量通信プランはオプションサービスとして提供されているようです。(20GB 3,100円・30GB 5,000円)

それとSIM1枚追加につき400円/月がかかります。DプランのSMS機能付きSIMを追加する場合、400円に加えSMS付帯料として140円/月、音声通話機能付きSIMを追加する場合は400円/月に加えて700円/月が必要になります。

ミニマムスタートプラン

  • 通信容量 3GB
  • 最大SIM枚数 2枚

料金

  • Dプランデータ通信専用SIM・AプランSMS機能付きSIM 900円
  • DプランSMS機能付きSIM 1040円
  • Dプラン・Aプラン共通 音声通話機能付きSIM(みおふぉん)1,600円

ライトスタートプラン

  • 通信容量 6GB
  • 最大SIM枚数 2枚

料金

  • Dプランデータ通信専用SIM・AプランSMS機能付きSIM 1,520円
  • DプランSMS機能付きSIM 1,660円
  • Dプラン・Aプラン共通 音声通話機能付きSIM(みおふぉん)2,220円

ファミリーシェアプラン

  • 通信容量10GB
  • 最大SIM枚数10枚

料金

  • Dプランデータ通信専用SIM・AプランSMS機能付きSIM 2,560円
  • DプランSMS機能付きSIM 2,700円
  • Dプラン・Aプラン共通 音声通話機能付きSIM(みおふぉん)3,260円

アンケート結果

使用機種 SIMの種類 月々の支払い 使用しての感想
ASUS Zenefone2 laser タイプA ミニマムスタートプラン 音声通話機能付きSIM(みおふぉん) 機種代込みで月3,100円 基本料は他社と変わりませんがHPの説明がわかりやすく、通信・通話も安定しているしサポートもしっかりしていてキャンペーンも多いです。
P-01D タイプD ミニマムスタートプラン データ通信専用SIM 974円 速度は十分。混雑時間帯も、体感でははあまり速度が落ちていない感じがする。

よほどのヘビーユーザーでもなければ基本的には問題なく使えるようです。機種代込みで3,000円前後ということは通常のキャリアの半分ほどの金額ですね。

その他

今回ご回答いただいたアンケートには他にb-mobile、NifMo、FREETEL SIM、UQモバイル、Y! mobile、イオンモバイル、スマモバ、珍しいものでは山陰ケーブルビジョンなどもありました。

それぞれを説明していくと大変なのでアンケート結果とそれについての補足で代えさせていただこうと思います。

b-mobile

使用機種 SIMの種類 月々の支払い 使用しての感想
iPhone6s b-mobile S 3GB 1800円 ソフトバンク回線なので他のMVNOより回線速度と安定性が高く感じる。

アンケート結果にあるようにb-mobileは数少ないソフトバンク回線を提供しているMVNOです。データ通信専用SIMなら25GBで2,380円という大容量での格安定額プランを販売しています。毎月5GBまでの利用ができるプリペイドSIMを販売しているMVNOでもあります。

FREETEL SIM

使用機種 SIMの種類 月々の支払い 使用しての感想
priori 2 定額プラン(音声) 1GB 1300円位 安いにも関わらず特に不敏に感じる事は何もないので

FREETELといえば格安スマホでよく聞く名前ですが、一応MVNOとして通信サービスも提供しています。アンケート結果の方は定額プランですが、使った分だけ安心プランだと最安値は299円とおそらく業界最安です。もちろん日常使用には向きませんが。

スマートコミコミ+という機種とのセットプランもありますのでFREETELの機種を手に入れてMVNOを使いたい方はこちらでもいいかもしれません。

また、データ定額制サービスではSNS通信量のカウントフリーも実施しており、Pokemon Goや日本ではあまり知名度がないWhatsapp、WeChatなどが含まれていることが特徴ですね。

ただし、TwitterやFacebook、Instagramなどの人気SNSは3GB以上のプランじゃないとカウントフリーとならず、他の通信で容量を超過した場合はこれらの対象アプリの通信も低速化(200kbps)されるようです。

NifMo

使用機種 SIMの種類 月々の支払い 使用しての感想
ARROWS M01 音声通話対応SIMカード 3GB 1400円(税抜) 通信速度も特に問題なく、音声通話もとてもクリアです。携帯電話として全く問題なく使えるのに、大手携帯キャリアと比較して費用が1/4程度に抑えられている点です。

NifMoはニフティが提供するMVNOです。家庭の電気契約や光回線契約を一緒にすると最大で450円割引になるなどの制度があり、こまめに節約したいという方にはいいかもしれません。

さらにBBモバイルポイントが無料で使えたり、月380円で端末保証がつけられたりと必要なものはある程度揃っている印象です。

UQモバイル

使用機種 SIMの種類 月々の支払い 使用しての感想
DIGNO W おしゃべりプラン S(VoLTE対応) 3610円 通信速度は変わらず、料金が半額程度になったため。

もうテレビCMで何度も目にした方も多いと思います。UQモバイルはKDDI(au)系列のMVNOです。

節約モードでの通信スピードが300kbpsと他のMVNOに比べると微妙に速い(他は200kbps)ですし、iPhone SEを取り扱っていたり、セキュリティアプリを含む一部アプリが無料で使えたりとある程度の金額(大手の半分程度)を前提としているのであれば、あえて選んで損はないMVNOだと思います。

Y! mobile

使用機種 SIMの種類 月々の支払い 使用しての感想
android one スマホプラン S 4000円前後 大手キャリアより安く、使い勝手も悪くないから。

こちらも有名なSoftbank系列のMVNOですね。回線もSoftbank一択です。

MNP乗り換え時、SoftBankやディズニーモバイルなどのSoftBank回線契約からの転入の場合はスマホプラン割引での1,000円引きが効かず、1,000円高い月額料金を払うハメになっていましたが、期間限定(2018年5月31日まで)でソフトバンク回線からの転入についても1,000円引きされるようになったようです。

また現在は利用開始後12ヶ月間は利用料金が1,000円割り引かれて1,980円になるワンキュッパ割というキャンペーンも継続中ですので実質1,980円でどのキャリアからも乗り換え可能のようです。

プランはシンプルにS/M/Lの3種類しかないので選びやすいかと思います。

イオンモバイル

使用機種 SIMの種類 月々の支払い 使用しての感想
iPhone6 音声1GBプラン 1,384円 イオンモバイルは契約期間の縛りや解約金もなく、回線もドコモの回線も利用しているので通信速度も安定しています。私は1GBプランを利用しているのですがデータ繰り越しもあるので満足しています。

イオンモバイルは記載されているように契約期間の縛りや解約手数料のかからない珍しいタイプのMVNOです。小売大手のイオン系列なので店舗での契約やサポートが受けられる点がメリットです。

プラン自体も500MBから50GBまでの多彩なプランがあるので自分にあったプランを選べるようです。

ちなみにターゲット層がスーパーによく来る主婦や中高年層なので、端末補償+電話サポート+セキュリティアプリを含んだスマホ安心パック(600円/月)のオプションでの提供なども行っています。

スマモバ

使用機種 SIMの種類 月々の支払い 使用しての感想
HUAWEI ALE-L02 LTE使い放題プラン 3980円 普段サクサク使えているのでストレスがありません。

スマモバはLTE使い放題プランの他、深夜1時から朝9時までがLTE使い放題のナイトプラン、深夜1時から夕方17時までが使い放題のプレミアムプランなど他では見られない面白いプランを提供しているMVNOです。

ある程度自由に使える割には割安なのでコストパフォーマンスを求める方にはいいかもしれません。

山陰ケーブルビジョン

使用機種 SIMの種類 月々の支払い 使用しての感想
Zenfone Go マーブルスマホ 2GB 1480円 通常より安く使用できる。

こちらは松江市のケーブルテレビ局が提供している放送契約者向けMVNOとなります。非契約の場合、契約はできません。

このケーブルテレビ局のように、最近はケーブルテレビや家電量販店などでも格安スマホの販売を行うようになってきています。こういったMVNOの場合、固定回線とのセット割引などを提供しているところもあるので、利用者にとってはお得にMVNOに移行できる可能性もあります。

ケーブルテレビや光回線をお使いの方はそういったサービスがないか確認してみるのもいいのではないでしょうか?

総評

本来は満足・不満の両方でアンケートを取っていたのですが、集まった30件のデータすべてが「満足」という回答だったのには驚きました。

やはりスマホ回線のネックは月々の高い料金にあるようです。

ちなみに個人的におすすめというMVNOは特にありません。さまざまな差別化が行われているのでご自分にあったサービスを探してみるといいのではないでしょうか。

ただし、やはり大手が絡んでいるMVNOは多少高めに感じます。もちろんキャリアとのつながりが強く、信用もあるのでいきなり切り替えるのが不安な方にはおすすめしますが。

今後も追記して欲しいものなどがあれば追記するかもしれません。

おかしな場所があるときはコメントにてお知らせください。できる限り早く訂正したいと思います。

 

さあ、少しでも安くしたいあなたはMVNOへの乗り換えにレッツトライ!

 

長くなりすぎたけどやっと終わった・・・ε-(´∀`*)ホッ



オーサー紹介

ほんと参った

一応このブログの管理をやっております。 基本スタンスは「テキトーにやる」なので、あまり期待せずに見ていただければ幸いです。 何か御用がありましたらお問い合わせページよりご連絡ください。 ちなみにブログの人気記事を手直ししたnoteはこちらから購入できます。 クラウドソーシングでの仕事のご依頼はこちらからお願いします。

スポンサーリンク

コメントを残す