【公開日】 2017年07月11日  【最終更新】 2017年08月14日

もし1000円あったら何に使いたい?面白いので結果公表です!

【この記事を読むのに必要な時間は約〈 5 分7秒 〉です。】

今回のテーマは『1000円あったら何に使いたい?』というアンケート結果についてです。

意外と他人の意見というのは面白いし参考になるのでぜひ読んでみてください。

自分へのご褒美

これはもう必ず挙がる使い途ですね。

アンケート自体はクラウドソーシングを利用しているので、そういった意見が多いのはなんとなく予想できました。

1人分の良いお肉買います!夫が居ない時にコッソリ食べたい。自分へのご褒美。
いつもは発泡酒なので、ビールをその金額分買います。
ちょうど切れているからamazonでトイレットペーパーを買う。
日頃の小さなご褒美としてスーパーで好きなお酒の肴を買う。
昼食をいつもより少し豪華にする。
産直で新鮮な野菜や手作りの物を買う。
カップ麺とアイスクリームにお金を使います。
買いたいものがないから100円ショップで適当に10個買う。
いつもは格安ランチなので1,000円あったらイタリアンなど少しリッチなランチを食べに行きたいです。
ついつい節約とダイエットで数量我慢している、近所の美味しい100円阪急パン屋で躊躇わず大人買い!
欲しいCDがあるので、その購入に使います。
いつもは発泡酒なので、ビールをその金額分買います。
いつもより少し高いランチに行きます。
好きなバンドのLive代のために貯金する。
毎月旅行に行くので、自分のお土産代に使いたい。
コンビニへ行きタバコを2箱買います。
食費として安くて新鮮なスーパーで野菜を買いたいです。
 1人飲みの際、つまみ一品増やす。

基本的には「自分へのご褒美」のほか「生活費」や「無かったことにする(適当に使い切る)」みたいなのが多そうです。

普段は抑えている部分をプチ贅沢で発散するみたいな使い方は、まあ金額的にも妥当なのかもしれません。

他人と一緒の時間に使う

こちらの意見も少数派ながらありました。普段は交遊費を削っている方も多いんでしょうか。

プチ贅沢を味わうために少しお高めのお菓子を買って友達と一緒に食べる。
コンビニでタバコ買って友達とコーヒーを飲みに行く。それで半日は過ごせそうだから。
最近ご無沙汰しているので、友達と一緒にカフェにコーヒーを飲みに行きたいです。

ちょっとした金額を使って他人との時間を作るというのは、1,000円というすぐに消えてしまうような金額ですが、なかなかいい使いみちだと思いませんか?

他人のために使う

これは純粋に「偉いなぁ」と感心させられた回答ですね。

自分が手に入れたお金を日頃お世話になっている人や迷惑をかけている人のために使う、というのはなかなかできることではありません。

飼い猫の退屈解消のために新しいおもちゃを買い与えたい。
親にお世話になっているので、デパートで親の好きな花の本を買ってあげたい。
子供にいつも我慢させているので、好きなお菓子や食べたいスイーツを買ってあげたい。

飼い猫のためのおもちゃというのはなかなか面白い使い方じゃないでしょうか。

ちょっと機嫌を損ねると仕事のジャマをしてきたりするので囮として活用したいところです。

あと親孝行や子どもへの日頃の償いというのは「なるほど・・・」と思いますね。

投資・投機・学習など将来のために使う

実はこの類の使い方が一番建設的だったりします。今回は資格取得などのために使うという意見がなかったのは残念ですが、FXや宝くじといった投機目的という意見は少数ながらありました。

老後の生活費を増やすため、FX投資に使います。
棚ぼたの1000円だとしたら、スクラッチ宝くじを5枚買う。

確かにギャンブルのように見えますが、「将来のため」という使い方は実はマネーリテラシーの高い人が好む傾向があります。

その理由は「そのお金を増やして使う」という考えにあります。そのまま使ってしまえばその金額の価値しかありませんが一時的に我慢して元手となるお金を増やせれば使える金額は増える、というわけです。

もちろん宝くじやFXという意見はギャンブル性が強く、増えるよりも無くなってしまう可能性が高い方法です。
もうちょっと堅実な方法でもいいと思いますが、今の金利などを考えるとなかなか期待できるものがないのが悩みのタネですね。

まとめ

なかなかおもしろい内容が集まったように思います。

今後もクラウドソーシングを利用したアンケートで記事をたまに作成したいと思いますので、その際にはのんびりお付き合いいただけたら幸いですm(_ _)m



オーサー紹介

ほんと参った

一応このブログの管理をやっております。 基本スタンスは「テキトーにやる」なので、あまり期待せずに見ていただければ幸いです。 何か御用がありましたらお問い合わせページよりご連絡ください。 ちなみにブログの人気記事を手直ししたnoteはこちらから購入できます。 クラウドソーシングでの仕事のご依頼はこちらからお願いします。

スポンサーリンク

コメントを残す