【公開日】 2012年11月02日  【最終更新】 2017年06月04日

windows8入れてみました。8.1アップデートも。

【この記事を読むのに必要な時間は約〈 4 分22秒 〉です。】

手持ちのPCがWindows8に安くアップグレード出来る、ということで、さっそく新しいものに飛びついてみました。

なんたってWindowsがたった3300円でアップグレードできるのであれば、もう試してみるしかないですよね。ダウンロード自体は光回線ならさほど時間はかからないということですし。

今回行った手順

マイクロソフトからはwindows8アップグレードアシスタントというものも出てますので、そちらのプログラムを使えばアップグレード可能かどうかは判断できます。

ちなみにPCによると思いますが「お使いのPCではセキュアブートとの互換性がありません」という警告も出てくるようですが、調べてみると無視しても大丈夫そうですのでそのままポチッと(次へ)をクリック。

「クレジットカード」か「paypal」しか決済手段がないのが悲しいですが、とりあえずペイパルアカウントは持っていないのでクレジットカードで購入。

DVD再生機能については今なら無料ダウンロードできる(無料でメディアセンターのプロダクトキーがもらえる)ということなので、こちらも漏れなくいただきました。これを逃すと後で有料の市販ソフトを買わなきゃならなくなります。

購入後、アップグレードをしてみると「彩の設定」がどうこうというエラーメッセージが・・・(彩りの設定はNECのPCについている見た目を変更してくれるソフトです。)

マウスのポインタを変更していたのですが、仕方なくアンインストールしました。

インストールした後は?

今のところ不具合などは問題ないようです。

あとはwindows updateで更新プログラムをインストールしておしまいでした。

ただ、タイル画面のアプリを終了させる方法がちょっと面倒です。

画面の上のほうにカーソルを持っていくと手の形のアイコンにマウスポインタが変わるので、その状態でアプリをドラッグして、下のほうまでもっていく必要があるので結構面倒です。
(他の方法として、使ったアプリは左側に表示されるので、右クリックで閉じるという方法もあるみたいです。)

時々ちゃんと終了しておかないとメモリの使用率が上がってしまっていました。
(ある程度までメモリ使用率が上昇すると勝手に終了してくれるということです。)

あと、PCの終了方法が変わっていました。

マウスを右上に持っていくといくつかアイコンが表示されるので、その中の「設定」を選択すると「電源」という項目がありますので、そこからシャットダウンできます。

最初はわからなくて探すのに苦労したので、終了の方法がわからない方はそこを探してみてください。

まとめ

Windows7からWindows8にアップグレードしたのですが、特に使いやすくなったわけでもなく、使い勝手は特に向上なし、ってところです。

いろいろと操作方法が変わって紛らわしいですが、少しずつ慣れていくしかなさそうです。

 

稚拙な文章で恐縮ですが、ご参考になりましたら幸いです(_ _)

Windows8.1アップデート!

Windows8、悪くはないけど使い勝手がちょっと微妙ですね。

というわけでWindows8.1に早速アップデートしてみました。

IE11とかスタート画面回避とか、まあアップデートしてよかったかな。と思います。

でもIE11でセキュリティソフトのノートン先生、IDセーフが使えません…。それにCanonのプリンタのツールバーも互換性ないし…。

困ったのはIE11がWindows8.1に標準搭載のためダウングレード不可ってことです。

仕方がないのでしばらくはこのまま対応するのを待つしかなさそうです…。

※2つとも既に対応が完了しているようです。

 

そういえばマウス設定の[ボタン]タブが表示されなくなったけどなんでだろう?

※その後、Windows10にアップグレードしたのでボタンの切り替えなどが設定できるようになりました。やっぱり使うのであれば自分に合わせて使いたいですよね。



オーサー紹介

ほんと参った

一応このブログの管理をやっております。
基本スタンスは「テキトーにやる」なので、あまり期待せずに見ていただければ幸いです。
何か御用がありましたらお問い合わせページよりご連絡ください。
ちなみにnoteはこちらからどうぞ。

スポンサーリンク

コメントを残す