この記事はしばらく更新されていません。内容が最新ではない可能性があります。

【公開日】 2015年05月09日 

日本で販売されているsimフリー版iPhoneの弱点。

【この記事を読むのに必要な時間は約〈 2 分20秒 〉です。】

iPhone6はバンド対応やら値段やらを考えると日本で販売されているものを買うのが最も良い選択だと言われていますが、私にはどうしても納得できません。

なぜなら日本で発売されるiPhoneを含めたスマホはカメラ音を消すことができない!からなのです。

 シャッター音がさせられない環境でどうやって写真取ればいいんでしょうか?

スクリーンショットですら音がなるのが当たり前っていうのは酷くないですか?

確かに音がなれば盗撮はやりにくいでしょう。

しかし、そんなこと考えもしなかった人間まで犯罪者予備軍扱いって酷くないですか?

責めるべきは悪用する人間なのであってそれ以外の人が割りを食うなんてのはどうも腑に落ちません(-ε-)

アメリカで販売されている日本の技適マーク入りのiPhoneならシャッター音を消せるそうじゃないですか。

日本人はアメリカ人よりも盗撮などをするようなモラルのない人種ってことなんですかね?

少なくとも私自身はそのようなことを一切考えたことがないのですが?

まあ、一応自己責任で音を消す方法はあるみたいなんですが、公的にそう扱われていると考えるとどうも納得いきません。

盗撮した人間が問題なのであってその機械が悪いわけじゃないのにもったいないですね。

ちなみにミュージックアプリを使った音消し方法は完全に無音にはならないようです。

残る方法は物理的に抑えるか、脱獄(Jailbreak)してシャッター音ファイルをいじるかしかなさそうですが・・・

あ、アメリカ版のsimフリーを手に入れるという方法もありそうですがこれはお金に余裕が無いとできませんよね(´・ω・`)一番近い場所だとハワイのアップルストアに行くとか?(^_^;)

 輸入代行もあるんでしょうがちょっと使う気にはなれません。怪しすぎてm(_ _)m

利便性を無視し過ぎるとあとで手痛いしっぺ返しがきそうですけど、そこら辺をどう考えているのでしょうかねAppleは。

日本の業界の自主規制とかいう話ですけどこんなん迷惑でしかありませんわ。

電車の中なんかで平気で他人の写真を撮ったりして喜んでいるような人がいる限りはこの規制がなくなることはありえないのかもしれませんが( ´ー`)

う~ん、困った問題だ・・・



この記事のカテゴリーとタグ

オーサー紹介

ほんと参った

一応このブログの管理をやっております。
基本スタンスは「テキトーにやる」なので、あまり期待せずに見ていただければ幸いです。
何か御用がありましたらお問い合わせページよりご連絡ください。
ちなみにnoteはこちらからどうぞ。

スポンサーリンク

コメントを残す