【公開日】 2015年05月26日  【最終更新】 2016年03月17日

SHINOBIライティングのポイント交換、何を考えているのかわからない。

【この記事を読むのに必要な時間は約〈 2 分3秒 〉です。】

侍ファクトリーの運営するライティング系クラウドソーシング『Shinobiライティング』を時々使わせてもらっているんですが、この間からPex、アマゾンギフト券、iTunesカードあたりの交換ができなくなっています。

本来、ここでライティングをやるメリットは「単価は安いもののとにかく早く収入がほしい」といった部分にあると思うのですが、即時交換できなくするっていうのはこのメリットを完全に捨てていることにつながるんじゃないんでしょうかね?

銀行振込まで相当な時間がかかりますし、そもそも今のやり方で個人情報を簡単に預けたいとも思えません 。使い捨てはだれでも嫌ですからね。

本当にトラブっているのならばしょうがない気もしますが、某掲示板で言われているようなわざとであれば悪手ではないでしょうか。

せめて進捗状況や背景などの何らかの告知が必要でしょうし、もし個人での実名登録制に移行する気ならそう告知すべきでしょう。

まあ、実名登録かつ銀行振込だと人が食いつかないのも事実でしょうけど。

単なる個人的な愚痴みたいなものですがご参考になれば。

追記。
6月中の再開を目処に、ってアナウンスが運営からあったようですね。

しかしポイント交換が目的なら待っとけという感じがするのはなんででしょうか?

具体的になぜなのかを説明して欲しいところです。

案件がないのならわかりますが、ポイント交換は書いた文章に対しての対価なわけですから渋っていると見られても仕方ないのでは、とちょっと勘ぐったりしますm(_ _)m

6/20追記。
開発者ブログのほうで6/30に復活予定であること、SMS認証を導入することなどが公表されていました。
それ自体はいいのですが、問題は今まで全く進捗状況を公開してこなかったことにあるのではないでしょうか?
さすがにちょっと今後利用するかどうかが考えさせられます。
これを機にその後出し体質も改善していただけるとユーザーとしては助かります。
しばらくは様子見ですね。



オーサー紹介

ほんと参った

一応このブログの管理をやっております。
基本スタンスは「テキトーにやる」なので、あまり期待せずに見ていただければ幸いです。
何か御用がありましたらお問い合わせページよりご連絡ください。
ちなみにnoteはこちらからどうぞ。

スポンサーリンク

コメントを残す