この記事はしばらく更新されていません。内容が最新ではない可能性があります。

【公開日】 2015年08月04日 

windows10、手動アップデートしました

【この記事を読むのに必要な時間は約〈 3 分0秒 〉です。】

7月29日にWindows10が公開されたわけですが、なかなか当方の環境では自動アップグレードが上手く行きませんでした。

やっぱり新しいものは早く使いたいですので、公開されていたWindows10用の「メディア作成ツール」を使ってアップグレードすることにしました。
https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10

実はこのツール、別にUSBメモリとかディスクを用意しなくても使えます。

公式ページにも「インストール用メディアを作りたい場合には必要」となっていますし。

もちろんハードディスクにある程度の空き容量は必要なわけですが、ダウンロード自体はそんなに時間もかかりませんし、自動でやるよりはおそらく短時間でダウンロードできるはずです。

難しい操作なんかはほとんど無く、指示に従ってやっていくだけで結構あっさりとインストールできてしまいました。

まあ、簡単設定か何か知りませんが、インストール時にそれを選択すると既定のプログラムがマイクロソフト製品に置き換わってしまうとか何とかってのはあるみたいですが。

ただし、重要なデータはバックアップしといたほうがいいです。

Windows10アップグレード時にはマイドキュメントなどのファイルは消えませんが、ソフトによっては内部に保存してあるデータが読み込めなくなることもあるようです。

当方もノートンIDセーフ内にあったパスワードなどが消失してしまってました・・・
公式ページでは対応版にアップグレードしてからWindows10をインストールしてくれ、そうしないとソフトが対応していないから削除されるぞとちゃんとお言葉が残されていましたので、明らかに当方のミスですが。

Windows10にアップグレードしてからいろいろ触ってみたのですが、基本は7の発展形のようですね。
新しい「edge」ブラウザは今ひとつでした。まだ開発途中みたいな印象です。
仮想デスクトップとか作業効率はそれなりに上がりそうな機能もありますし、スタートボタンの復活はやっぱりありがたいです。
ただ、WindowsDefenderあたりの挙動がおかしいのは気のせいでしょうかね?

でも結構良さそうな感じですし、edgeが嫌なら他のブラウザ使えばいいわけですし(Internet Explorer10も残されてます)今のところアップグレードしてよかったなと思ってます。

でも互換性チェックはちゃんとしておいたほうがいいかもしれません。
当方は一時期、例のアップグレードの通知アプリの中に表示されていた互換性チェックで問題なさそうだったので自己責任でやってみました。

Windows10のアップグレードが上手くいかない方は自己責任にはなりますが手動インストールしてみてはいかがでしょうか?

もし気に入らなくても一ヶ月は戻せるらしいので好奇心旺盛な方はお試しあれ!



この記事のカテゴリーとタグ

オーサー紹介

ほんと参った

一応このブログの管理をやっております。
基本スタンスは「テキトーにやる」なので、あまり期待せずに見ていただければ幸いです。
何か御用がありましたらお問い合わせページよりご連絡ください。
ちなみにnoteはこちらからどうぞ。

スポンサーリンク

コメントを残す