【公開日】 2015年08月23日  【最終更新】 2017年02月02日

FirefoxにてESETを導入後にFlash Playerのクラッシュが頻発!

【この記事を読むのに必要な時間は約〈 1 分33秒 〉です。】

最近、パソコンの動きが重い感じがするので一度ノートンを削除しESET smart securityの体験版をインストールしてみました。

その後、なぜかFlash Playerのゲームや動画のクラッシュが頻発。


さすがに使いものにならないのでいろいろ探ってみました。

まず、ESETのプロトコルフィルタリングの対象からFirefoxを除外。
これで動くかな?と思いきや・・・ダメでした。

次にFlash Playerのハードウェアアクセラレーション使用を無効化。
これも重くなっただけで意味はありませんでした。

そしてFlash Playerをアンインストール後に再インストール。
もちろん結果は変わりませんでした。

いったい何が原因か判らず諦めかけていたところ、Mozillaのページ(https://support.mozilla.org/ja/kb/adobe-flash-plugin-has-crashed)で保護モードとやらの存在を確認。
これをオフにすると・・・動きました!
しかも前よりも快適に。

この保護モード、セキュリティのための機能らしいですが、必要なページが見られなくなるなら切った方がマシだと思います。
といっても私も実は他のページを読んでオフにすることを決断したんですけども・・・。

まあ、こまめなアップデートしていればある程度大丈夫ってことですかね。



オーサー紹介

ほんと参った

一応このブログの管理をやっております。
基本スタンスは「テキトーにやる」なので、あまり期待せずに見ていただければ幸いです。
何か御用がありましたらお問い合わせページよりご連絡ください。
ちなみにnoteはこちらからどうぞ。

スポンサーリンク

コメントを残す