【公開日】 2016年02月04日  【最終更新】 2016年02月20日

iPhone版も日本語に対応したキーボードアプリ「Fleksy」が面白いです

【この記事を読むのに必要な時間は約〈 3 分24秒 〉です。】

hero-iphone

画像:https://fleksy.com/

 

iPhoneのキーボードが標準のものから変えられるようになっていることは多くの方が知っていると思います。(確かiOS7か8のアップデート時だったと思いますが…)

例えば有名ドコロでいえばBaiduのSimejiやジャストシステムのATOK、Yahoo!キーボードなど、AppStoreを見れば正直どれが良いかと悩むくらいあるでしょう。

その中でも今回、日本語対応がなされたFleksyはちょっと変わってますがとても面白いキーボードアプリです。

なんでも「最速で入力できる」としてギネス記録に認定されているらしいですが、実際使ってみるとそれ以外にも面白いと思える仕組みがたくさんあります。

例えば…

・スペースキーの長押しでカーソル位置を移動できるので修正がしやすい

・間違って入力したものでもある程度自動で直してくれる(自動校正機能)

・キーボードの背景が変えられる(テーマの変更)

・拡張機能があってちょっとした部分をカスタマイズできる(エクステンション機能)

・日本語のフリック入力に対応している

・ステッカーや画像の種類が豊富で面白い

と、簡単に使っただけでもこれだけ挙げられます。

まあ、まだ説明などが日本語化されていないので、ちょっととっつきにくい感じはありますが、使ってみると「なんか面白そう…」と思うこと間違いなしです!

特に拡張機能は面白くて、先ほど挙げたスペース長押しのカーソル移動もここにあります。

片手で打てるようにしたり、ホットキー機能で簡単な文章を登録してすぐに入力できるようにしたり、入力のためのタップ時に押したキーの色を変化させたり、押したキーをハートの形にしたり、とにかく触ってみると「へぇ~…」と感心する機能が盛り沢山です。

初期段階では3つまで自分で選んでセットしてカスタマイズできるので、オリジナルの使いやすいキーボードを作ることができます。

枠を増やすためには120円かかりますが、それをしなくても十分使えます。

その他の課金要素としてはテーマを120円から360円で追加していく方式のようで、スヌーピーとかアナ雪のエルサのテーマもあるようです。

もちろん自分でマイテーマを作ることもできるので、使いたい画像があれば自分で追加することも可能です。

本当に面白いアプリなのでキーボードアプリを探している方は一度使ってみることをおすすめします。

ちなみに日本語入力を使いたい場合はFleksyを有効にした状態(インストール→設定アプリ→キーボードでFleksyを選択)でFleksyのアプリを開いて、右側の設定画面のLanguagesから日本語を選択してダウンロードしておく必要があります。

フリック入力を使いたい場合、日本語qwertyとなっている部分をタップするとフリックと切り替えられます。

ちなみに英語キーボードから日本語のフリック入力に切り替える場合には、キーボード下の英語(US)の部分を右か左にスワイプ(押しながら引っ張る)と切り替えられます。

是非お試しあれ。



この記事のカテゴリーとタグ

オーサー紹介

ほんと参った

一応このブログの管理をやっております。
基本スタンスは「テキトーにやる」なので、あまり期待せずに見ていただければ幸いです。
何か御用がありましたらお問い合わせページよりご連絡ください。
ちなみにnoteはこちらからどうぞ。

スポンサーリンク

コメントを残す