【公開日】 2016年02月10日  【最終更新】 2016年12月06日

デザインが美しいスマホ

【この記事を読むのに必要な時間は約〈 5 分52秒 〉です。】

最近はあまりデザイン的に変わり映えのしない機種が多くて、正直なところ決定打に欠ける気がしませんか?

そう思ったのでなんとなくデザイン的に良さそうな機種を探してみました。
(画像は公式サイトより。画像クリックで公式サイトに飛びます。)

個人的な感想なのであまり参考にはならないかもしれませんが…。

 

 

Galaxy S6 Edge

p58

 

これはテレビCMでもやってましたから、結構知られている機種でしょう。

Samsung製のこの機種はサイドのエッジ部分のフォルムがすごく美しいと評判です。

曲面ガラスを使った丸みを帯びた角のないデザインは未来的ですごく好感が持てます。

最近ではこの後継機種のS7 edgeという機種の情報もぼちぼち出てきていますから、これから購入を考えている方はそちらの方を待ってみても良いかもしれません。

性能的にもハイスペックといえる部類で、チップにはオクタコアCPU搭載のExynos7420が採用されており、日常的に使う分には文句なしの機種だと思います。

ただし価格はハイスペックなだけにお高いのでその点はマイナスです。

 

 

Xperia Z5 Premium

design_im

後ろからの画像しかありませんが、この裏面が他と違って魅力的なんです。

どちらかというと人気があるのはXperiaZ5の方なのですが、デザイン的にはこのXperia Z5 Premiumのほうがはるかに美しいと思います。

ほかのXperiaZ5の機種とは違うのは、Z5やZ5 compactがマット仕上げで反射を防ぐようになっているのに対し、このPremiumは背面が光沢仕上げでミラーのようになっているという点でしょう。

実用面で言えばこういった加工は指紋が付くなどの理由で敬遠されがちですが、デザイン的に見れば明らかに他と差別化できていますし、ものすごくきれいです。

機能面でもフラッグシップだけあってsnapdragon810採用でハイレゾや4K表示一部対応などなかなか見どころのある機種です。

あとは持ちやすさとかそういった部分を考慮してもらえれば…。

こちらも3月あたりに後継機の発表があるかもしれない、という話があるので気になる方はそちらも一緒にチェックしてみてください。

ちなみに価格はこれもお高めです。
(基本的にAndroidのハイエンドモデルは、価格面ではiPhone最新機種SIMフリー版と大差無いようです。安くても8万円程度は覚悟しておく必要があるみたいです。)

 

Zenfone 2

kv-product

こちらはデザインだけでなくCPUのほうがとても面白い機種になります。

これに積まれているのはインテル製Atom Z3580/Z3560というプロセッサーで性能面でも高性能な部類に入ります。

メモリ搭載量も4GBという、現行のスマホの中では最大量を積んでいるモデルもあり、もしSIMフリースマホを探しているのであれば確実に候補の一つになると思われます。

デザイン的には本体下部にスピン加工、背面にヘアライン加工などちょっとした加工で高級感を演出してくれているので、SIMフリー機でよくある安っぽい感じはありません。

バックのパネルも交換できるものが出ているので「普通じゃつまらない」という人にもオススメです。

価格面でも嬉しいことに、最も高性能なZ3580/4GB搭載モデルでも54,000円前後と、上記2機種に比べて手の届きやすい金額です。

 

VAIO Phone
vaio_furi1_ura

こちらはSONYから独立したVAIOブランド初のスマートフォンです。

黒色のボディが高級感を演出してくれています。背面のVAIOの文字もブランドとしては悪くはないと思います。

しかし、正直言ってこの機種は「デザインだけ」がウリです。

当初、VAIOブランドから出る新機種として注目を集めましたが、中途半端な性能や価格のためにほとんど相手にされなくなってしまいました。

さすがに1.2Ghzのクアッドコア(snapdragon410)で解像度がフルHDですら無いこと、そして価格が5万円台というスペックの割には高額であることはVAIOというブランドに期待した人にとっては期待はずれだったのでしょう。

上記3機種と違ってどちらかと言えば低性能な機種であるにもかかわらず、Zenfone2とほとんど変わらない価格です。

そのへんを妥協できる方にとっては選択肢に入る(?)のではないでしょうか。

 

まとめ

今のところ、デザイン面で良さそうなのはこのくらいだと思います。
ただし、すべて5インチ以上の端末なので小型の機種を望む人にとってはちょっと残念な結果ですね。

Zenfone2やVAIOフォンは基本的にSIMフリーなので最初からキャリアの契約に縛られないというメリットがあります。

Xperia Z5 Premiumやgalaxy S6 edgeはEXPANSYSあたりでSIMフリー版を買えると思いますし、購入後にシムロックの解除という手もあるかと思います。

他にもデザインで売っている機種はありそうですが、あまりピンとこなかったので今回はこれだけでした。

やっぱり最低限、見た目も大事だと思うのですが、最近のは同じようなものばかりで、ちょっと購買意欲もあまり湧かないかなぁ…。



この記事のカテゴリーとタグ

オーサー紹介

ほんと参った

一応このブログの管理をやっております。
基本スタンスは「テキトーにやる」なので、あまり期待せずに見ていただければ幸いです。
何か御用がありましたらお問い合わせページよりご連絡ください。
ちなみにnoteはこちらからどうぞ。

スポンサーリンク