【公開日】 2016年02月24日 

余計な支出は誰だって嫌ですよ

【この記事を読むのに必要な時間は約〈 3 分50秒 〉です。】

最初から「利益」を追求しすぎでは?

最近、手数料とかで利益を上げるビジネスモデルがちらほら見受けられますが、そもそもあまりにも利益追求の形を求めすぎたら利用者が警戒することがわからないんですかね?

あくまでも利用者が求めているのは安心して使い続けることの出来るサービスなわけで、別にどこかの利益を確保してやろうだとかそんなことは基本的に考えているわけではないはずです。

それなのに、利用者が増える前からバカみたいな手数料取ったりしたら、どうやって入ってくる利益の計算するんですかね?
「取らぬ狸の皮算用」って言葉知ってますか?

システムだけで「金儲け」はできない

まさかと思いますが、「仕組み」だけで儲けられるとか勘違いしてませんか。
あくまでも利用者は全体的な使い勝手を見るわけで、単なるシステム面だけを見て決めるわけではないはずです。

そして、その「全体」の中には当然「お金の問題」も含まれます。
「より安く、自分が望む良いサービスを受けられるか」というのが消費者側の判断基準ですから、投資家や事業者側の「いかに低コストで収益化するか」っていうのとはそもそも背反する基準なわけです。

ですから、自分がいかに「これは最高だ!だから高くても売れる。」と思っても、周りから見れば「そんな高い商品のどこがいいのか?」という悪い評価しか受けるわけがないのはこの基準を考えれば当たり前でしょう。

その辺の思惑がわからないと、せっかく良いビジネスモデルでも簡単に破綻してしまいます。

ビジネスの本質

あくまでもビジネスとは「客が望むものを与えられるか」で決まるものであり、その結果として「利益をあげられる」わけです。
ですから最初から収益化を考えてスタートしても、その消費者の感覚がわからなければすぐに頓挫してしまいます。

最近は就職の代わりに起業という選択肢がある程度考えられるようになってきています
だからこそ、こういった「いかにお金を稼ぐか」の議論になるんでしょう。

けれど、そもそも「必要な物を提供して対価としてお金を受け取る」というビジネスの「基本」は全く変わってないんですから、一方的な押し付けや搾取では商売が成り立つわけがないんです。

この「客を離さず収益化出来るか」っていうのが起業家に求められる判断能力というのはご理解いただけたかと思います。

国のやってる「増税」も愚策ですが…

先ほど言った「より安く」は、言い換えれば「余計なお金は払いたくない」ということなわけで、消費税を高くして税収を確保しようとしている国も、ここのところが解っていないんだなとつくづく思います。

たった2~3%かも知れませんが、より経済に大きな影響を与える高額商品ほど余計に無駄な税金を払うことになるっていう感覚、わかっているんでしょうか?

そりゃあ収入が増えているわけじゃないのに高いお金を払いたいわけないじゃないですか。
しかもインフレで物価も無理に上げようとしたわけで。

全く庶民の感覚、言い換えれば消費者の感覚を理解していないんでしょうね。

消費者は「賢い」

お金に余裕があるから使えるようになるのであって、余裕が無いのに物価だの税金だの上げられたら余計なものなんか買いません。

こういう「とにかくお金儲け」の考え方をしている人は、その手法を自分を対象にあてはめて考えていないか、人が自分より愚かだと思っているかのどちらかでしょうね。

消費者はお金が関わると、起業家や政治家・官僚などのお偉い(と考えている)人たちが考えているよりもはるかに賢いです。

まあ、中には何も考えずにお金をポンポン使って破産する「愚かな」人間もいますけども。



この記事のカテゴリーとタグ

オーサー紹介

ほんと参った

一応このブログの管理をやっております。
基本スタンスは「テキトーにやる」なので、あまり期待せずに見ていただければ幸いです。
何か御用がありましたらお問い合わせページよりご連絡ください。
ちなみにnoteはこちらからどうぞ。

スポンサーリンク

コメントを残す