【公開日】 2016年02月25日  【最終更新】 2016年11月28日

「クラウドソーシングは稼げない」

【この記事を読むのに必要な時間は約〈 5 分8秒 〉です。】

クラウドソーシングの問題点

クラウドソーシングの問題点は「とにかく安く良いもの」をという消費者心理が発注者の側に存在するという点でしょう。

例えば外での労働だと「労働基準法」という枷が存在する以上、それ以下の賃金で人を使うことは原則的に違法となり制裁が課されます。
ですから下限が存在している以上、それ以上は安さを追求できないわけです。

しかし、クラウドソーシングの場合、発注者側が一時間あたりいくらの規定を守らなくてもいいわけです。
これは雇用関係ではなく、あくまでも契約関係であることに起因しています。
大手と下請けみたいなイメージがしっくりきますね。

だから「別にやりたくないならやらなくてもいいよ」と発注者側はより低単価で仕事を押し付けられるし、気に入らなければとにかく受け入れなくていいわけですから、現状では発注者の天国です。

しかもそれで生活していくとなるとひたすら低単価で受注し続けなければならなくなる。
新規層がそれで育つわけがありません。

クラウドソーシングは儲かると言っているのは…

結局儲かると言っているのは、ある程度収入を得ることに成功している人間だけでしょうし、その層がいい案件を持っていってしまうため下にはほとんど降りてきません。
まるでトリクルダウンのような幻想ですね。

頑張ればいつか…ってその前に生活できません。
他のことをやれば、家に帰ってきて文章を打ち続けられるような体力はそうそう残らないでしょう。

現段階で本当に生活できるレベルで稼げているような人はどのくらいいるんでしょうか?
デザインとかでも買い叩くような人間が多そうですし、そんなに甘く無いと思いますが。
結局、供給が多い現状では新規層は安く買い叩かれて終わりでしょう。

そもそも無名のライターにいきなり割のいい話なんていうのは降ってきませんから。
そこらへんはクラウドソーシング系の事業者が「安く」「良質な」記事を生産できると「ほざいている」時点で明白です。
要はある程度まともな文字を書ける奴隷がほしいだけです。

安いから依頼する発注者の存在

今、1文字0・2円とかで受注しているライターに今のクラウドソーシングの状況で未来はあると思いますか?

Googleさんがオリジナル文章を評価するよと言っているから、とSEO目的で発注しているような人間のほうが多いんですよ?

少なくとも現状では、「実社会で誰かに頼むよりもネットで安く書いてくれる奴がいる」というだけの話みたいですし、実際にライターしていた人の文字単価が生活していけないレベルまで落ち込んでしまっているというのもどこかで見た気がします。

確かnoteでもこの点について指摘していた人がいたと思いますが、ちょっと名前を思い出せませんので割愛させていただきます。

まあ、要は最初からまともに金を払う気がない「客」が多いのに、ひたすら「サービス」し続けられるわけがないってことですね。
日本だとこれを「当たり前」と言ってしまう人が多そうで怖いですが。

クラウドソーシングは成長する?

運の良い人はまともなクライアントを見つけて、なんとか稼げるでしょうけどそれ以外は…ですね。

ですから結局、成長市場かと言われると「数字」だけ見ればイエスで「待遇」から見ればノーってところですかね。
あんまり夢を見させないほうがいいんじゃないですかね?

質の悪いクライアントにぶつかるとひたすら非承認や未払い喰らいます。

そのあたりの詳しい話は「2チャンネルあたりの掲示板」で「クラウドソーシングのサービス名」で探してみると意外に簡単に発見できますよ。

適正金額を払ってくれるから「仕事」なわけで、そうでなければ単なる「強制労働」ですから、本来そんな仕事受けるわけ無いでしょう。

甘えでも何でもなく、あくまでも「自己防衛」の話です。

追記:Shinobiやサグーなどの発注者は1文字1円程度を払っているという事実

つい最近、発注してみようと思って覗いたのですが、どちらも基本的に1文字1円程度を目安に発注することを求められます。

しかし、受ける側として見てみるとなぜか1文字0.2円~0.3円になるから不思議です。

チェックの仕方でもプラスアルファの出費を求められますし、クライアントがワーカーに払っているはずのお金はほとんど届いていないことになります。

手数料などで仕方のない部分もありますが、ちょっと取り過ぎのような気がしますね。

発注している側が求めているのは「良質な記事」であって「奴隷を働かせる監視役」じゃないのですが・・・。

業界の搾取体質を垣間見た気がします。

適正値はせめて7:3くらいじゃないですかね?もちろんワーカー側が7ですよ。

じゃないと誰もやってくれなくなりますし。



この記事のカテゴリーとタグ

オーサー紹介

ほんと参った

一応このブログの管理をやっております。
基本スタンスは「テキトーにやる」なので、あまり期待せずに見ていただければ幸いです。
何か御用がありましたらお問い合わせページよりご連絡ください。
ちなみにnoteはこちらからどうぞ。

スポンサーリンク

コメントを残す