【公開日】 2016年02月26日 

鴻海への身売りって妥当では?

【この記事を読むのに必要な時間は約〈 2 分42秒 〉です。】

社名存続のための判断としては妥当

普通に考えれば産業革新機構に任せるよりも、はるかに現実的提案をしてきた鴻海を頼るのは当たり前のような気がしますが、何でそんなにおかしいと思うんでしょうか?

まさかと思いますが、内輪だけで助け合えばジャパンブランドが守られるとでも勘違いしているんですかね?
要は技術の海外流失を防ぎたいという単なるお題目じゃないですか。

だいたい産業革新機構の提案はSHARPを再建するというよりは、SHARPの売れそうな場所を切り売りするって感じの話じゃないですか。
もしSHARPから液晶とったらどうやって再建させる気なのかさっぱりわかりません。
他にまともな部分ってありましたっけ?

鴻海の提案は6500億に雇用の維持(40歳以下)、そして液晶事業切り離し無しって条件でしたよね。
それに比べて3000億程度で事業再編という名の切り売りを画策しているお役所ファンドをどうしたら選ぶというのか理解に苦しみます。

SHARPとしては会社を存続させつつ業績を改善させたいわけですからその案に乗るわけがないんですけどね。
誰だって雇用を維持しつつ期間の限定があっても支援してもらえるのであればそっちを選ぶでしょう。
もちろんそんなうまい話ばかりではないでしょうけど。

SHARPのブランド狙い?

鴻海もSHARPのブランド力は欲しいでしょうからね。
まあ、議決権だとか面倒な話はありますが、技術を多少流出させても再建できる可能性にかけるならば、そんなものは2の次だと考えてもおかしくないと思いますけどね。

日本人のプライドを守るためにSHARPの技術を国内でどうこう…はそもそも無理がある気がします。だって他にどこも支援するなんて言ってないんですから。
さすがにいつまで日本は素晴らしいと言い続ける気なのか、現実を見たほうがいいと思います。

外資による企業買収ってそんなに珍しいですか?

だってそもそもSHARPよりもはるかに大きな企業なわけですよ、鴻海って。
大きな企業が業績の悪い企業を買収する、前にもありませんでしたっけ?外資による国内企業買収。

アメリカ企業だったら良かったのか、ものづくり分野だから拒否しているのか知りませんが。
それとも「中国はけしからん!」ですかね。

まあ、SHARPが何か条件を突きつけたようで、鴻海側がこの話を保留しているところをみると「何を要求したの?」と気にはなりますが。
むしろ相当前から業務提携とかの話はあったみたいですし、遅すぎると言われてもしょうがないくらいのスピードだったと思います。



この記事のカテゴリーとタグ

オーサー紹介

ほんと参った

一応このブログの管理をやっております。
基本スタンスは「テキトーにやる」なので、あまり期待せずに見ていただければ幸いです。
何か御用がありましたらお問い合わせページよりご連絡ください。
ちなみにnoteはこちらからどうぞ。

スポンサーリンク

コメントを残す