【公開日】 2016年03月04日 

子育てに口を出すな=自己責任でよろしく。

【この記事を読むのに必要な時間は約〈 4 分22秒 〉です。】

またまた子育て批判です

※もしこういったのを見たくないという方がいましたらこのブログは合わないと思います。

前回の高嶋ちさ子のゲーム機バキッ問題に続けて、日本でよくある子育ての勘違い問題についてちょっと書こうと思います。
ちょっと厳しい口調だと思いますので、それが嫌な方は読まないことをおすすめします。

子育てに口を出すな=自己責任でいいですね?

例のゲーム機バキッ問題では「他人の子育てに口を挟むな、当事者でもないくせに、暇人」という意見をお持ちの子育て世代の方もおられるようですが、じゃあ、子育てをしているから支援しろ、なんて言わないでくださいよ?

自分が子育てをやっているのであれば、他人から非難されるのは当たり前でしょう?
まさかと思いますが「批判はさせないけど応援はしろ」なんて言いませんよね?

子育てをしている人を周りの人が支えるのは、その子どもたちが次の世代として活躍してくれることを期待しているからです。
社会を維持していくためには次の世代の育成が必要となりますから。

しかし、自分勝手な親に育てられたような子どもが社会に貢献してくれような立派な人間になると思いますか?
少なくともその可能性は低いわけですから、それに対して税金を使って支援しろ、という方がおかしくないですか?

関与も支援も要らないのであれば虐待なんて無いし、児相も要りませんね

極論ですが、別に支援も要らないから関わるな、というのであれば「うさぎ用のケージ」に子どもを入れて育てったって別に構いません。

その場合は、おそらくその家庭ならではの「躾」という認識で良いわけでしょう。
ですから周りは批判もしなければ、その代わりに支援もしません。
家庭内で何が起ころうとも「躾」ということで児童相談所も動きません。
まあ、そうなれば児相そのものが要りませんね。

子どもは可哀想ですが、そういう親のもとに生まれた「不幸」を呪うしか無いでしょうね。

保育所が足りない?

なんで自分勝手なあなたのために国や行政、国民が負担しなきゃならないのか、教えてください。

基本的に自己責任なわけですから、自分たちでそういったものは作ればいいじゃないですか。

確かに働き手は足りていないかもしれませんが、別にあなた達が働き手として特に優れているというわけではないので、そういう視点で見れば「足りなくてもしょうがない」ですね。

父親が育児に参加しない?

夫婦で話し合いでもしたらいかがです?

父親も育児に参加する「権利」と「義務」があるでしょうから、お二人でどうするかを決めたらよろしいでしょう。

社会は支援をしませんから、子どものことは全て夫婦で責任を負うことになるでしょう。

こういう「自己責任社会」をお望みですか?

もし、本当にこういった社会がお望みなのであれば「どうぞご勝手に」と言ったところだと思います。
ただし、関与がない分、誰も責任はとってくれないので、「全て自己責任」でお願いします。

それでもいいなら「うちの子育てに一切口をだすな」と大声で叫んでください。
むしろそっちの方が、社会としては余計な負担が減ってスッキリすると思います。

ちょっと勘違いしているようですが

別に社会は「子育てをしているあなただけ」を支援したいわけではないです。
あくまでも支援の対象は「子育てをしているあなた」、「当事者である子ども」、そして「社会全体」なのはご理解いただけますよね?

その中で「親のためだけに存在する人間」を国民の税金で育てよう、なんて通用すると思いますか?
もし、「全てを自分たちで」というなら、文明社会を捨て、勝手に山奥で子ども育ててください。
社会としては一向に構わないと思いますよ?

グダグダなので「まとめ」

まあ、まとめと言ってもまとめようがないほど散らかってますから、収拾不能の状態ですね…。
とりあえず、まとまってはいませんが言いたいことは言ったので理解していただければ幸いです。

もちろん、一生懸命にやっている親御さんを否定しているわけではありません

あくまでも「ひとが何やろうが勝手だろ」というわがままな人間に対して言っているだけですので、あしからず。



この記事のカテゴリーとタグ

オーサー紹介

ほんと参った

一応このブログの管理をやっております。
基本スタンスは「テキトーにやる」なので、あまり期待せずに見ていただければ幸いです。
何か御用がありましたらお問い合わせページよりご連絡ください。
ちなみにnoteはこちらからどうぞ。

スポンサーリンク

コメントを残す