【公開日】 2016年03月22日  【最終更新】 2017年06月04日

『iPhoneSE』発表!期待してみたものの…

【この記事を読むのに必要な時間は約〈 3 分33秒 〉です。】

画像:http://www.apple.com/jp/iphone-se/

Appleライブイベントを開催

Appleは3月21日午前10時(日本時間3月22日午前2時)、クパチーノにあるApple本社内においてiPhoneSEなどの新製品の発表を含むイベントを開催しました

時間としてはいつもより短く、ほんの1時間ほどで終わり、期待したほど大きなイベントにはならなかったようです。

内容としては環境問題への取り組みの他、セキュリティ問題やiOSやtvOS、iPhoneSE及び9.7インチiPadproの発表、本社新社屋の完成図お披露目など、どちらかというとコンピュータの話よりも現実社会での変化についての話が多かった気がします。

そして残念ながら新型MacBookの話はありませんでした。

iPhoneSEについて

さっそく本題といきましょう。

名前は?

期待の4インチiPhoneは『iPhoneSE』としてお披露目されました。

チップは?

事前の期待通りA9チップ、M9コプロセッサー内臓のハイスペックiPhoneです。

デザインは?

iphoneseカラー

外観はiPhone5sにそっくり、というよりも「そのまま」といったほうがいいみたいです。

事前に予想されていたiPhone6sのような丸みを帯びたデザインにはなっていません。

電源スイッチも上部のままです。おそらくはiPhone5系の中身を少しいじっただけなのではないでしょうか?

カラーは新たにローズゴールドが加わって4色展開となっています。

容量は?

容量は16GBと64GBの2つ。32GBや128GBはありません。

カメラは?

背面カメラは12メガピクセルで4k撮影にも対応しているようです。

前面カメラは1.2メガピクセルとちょっと非力なため、「自撮り」目的だとちょっとキツいかもしれません。

価格について

価格は16GBが399ドルから、64GBが499ドルからとなっており、日本ではSIMフリー版が16GBで52,800円、64GBで64,800円となっています。

確かにiPhone6sに比べれば価格は二分の一といったところなのでお得かといえばお得ですね。

フルスペックではないことに注意

ただし、感圧センサーは搭載していないので3Dタッチは無しです。

そのため、どうしても4インチがいい場合、もしくは3Dタッチなどの機能を使う気がない場合はiPhoneSEでも問題ないと思います。

上でも言ってますが自撮り(セルフィー)目的だとキツいんじゃないでしょうか。

ですから、もし「フルスペックiPhoneが欲しい」という場合はやはりiPhone6sを選択した方がいいでしょう。

もちろん価格は2倍近くに跳ね上がるのでそこは各自の懐事情との相談ですね。

ちなみに電池の持ちはそこまで良く無さそうです。やっぱりこのサイズで高性能化するとバッテリーの持ちは悪くなるんでしょうか?

※それなりに電池は保つようです。

まとめ

とりあえずこんなところかと思います。

しかし、あまり驚くような発表はなかったですね。

むしろなぜ拍手が起こるのかと思うくらいにあっさりしてました。

まあ、ある程度仕様が固まってしまうと「こんなもんかな?」とは思います。



オーサー紹介

ほんと参った

一応このブログの管理をやっております。
基本スタンスは「テキトーにやる」なので、あまり期待せずに見ていただければ幸いです。
何か御用がありましたらお問い合わせページよりご連絡ください。
ちなみにnoteはこちらからどうぞ。

スポンサーリンク

コメントを残す