【公開日】 2016年04月05日  【最終更新】 2016年04月11日

環境を変えるためには意識を変える必要があります

【この記事を読むのに必要な時間は約〈 1 分20秒 〉です。】

最近ちょっと書いてなかったのでちょっとしたツッコミを。

確かに自分の意志で切り拓いていくには相当自分に厳しくなる必要があって、それがなかなか難しいのは事実ですが、環境を変えるためにも結局意志の力は必要なんです。

今あるものにどう区切りをつけて新しいものに向かうのか、一度でも生活環境を変えたことがある方にはわかると思います。

今の知り合いと別れて新しい仲間を作ったり、今まで通い慣れた道に別れを告げて新しいルートを見つけたり、これって結構きついんですよね。

イケハヤさんのように都会から田舎に移住したり、今ある仕事を辞めたり、変えるというのは実は相当勇気のいることなんです。

それをわかっているからこそ、そういった人に憧れるわけですし、いつか「自分もそうなりたい」と思うわけなんですよね。

ですから結局優先されるのは「意志の力」なんじゃないのかな?と思っているのですが、いかがでしょうか?

だってわざわざ「火中の栗を拾う」のは誰だって勇気がいるでしょう?

自分を「背水の陣」に追い込むことを良しとする人がそうそういるでしょうか?

まあ、そういったときは人から要求されるがままにやっていくほうが実は楽なのかもしれません。



この記事のカテゴリーとタグ

オーサー紹介

ほんと参った

一応このブログの管理をやっております。
基本スタンスは「テキトーにやる」なので、あまり期待せずに見ていただければ幸いです。
何か御用がありましたらお問い合わせページよりご連絡ください。
ちなみにnoteはこちらからどうぞ。

スポンサーリンク