【公開日】 2016年07月12日 

選挙時の公約がわからない方へ

【この記事を読むのに必要な時間は約〈 2 分22秒 〉です。】

「よく調べて投票しなければならない」

この言葉のせいでいきなり「騙し合い」の選挙に真剣に向き合わなければならなくなった方も結構おられるように感じます。
こういった方々に一つだけ言えるアドバイスがあります。

それは「候補者や支援者、政党、ポスターなどの『都合のいい主張』を鵜呑みにするな」ということです。

確かに判断するためには多くの情報を収集しなければなりませんが、問題は「正しい情報=事実」こそが重要であるということです。
多くの政治家は最近よく叫ばれている「ポピュリズム」のように有権者に「都合のいい真実」しか見せようとしません。
そこに「達成不可能な壁」があるとしても、それを声高に叫ぶような人間はいないでしょう。
このいい例が民主党が政権をとった際の「埋蔵金」の話だったりします。

こういったことがあるので、単にその場だけで言っていることだけではなく、その人のブログやSNS、過去の活動などから「行動原理」や「思想」などをある程度読み取る必要があります。

「この人は良いよ」などという他人の推薦はそもそも聞いちゃダメですよ?
だってその人は「自分の利益」があるからあなたにも利益があるように「錯覚」させようとしているだけでしょうから。

特に高齢者と若者の利益は背反する確率は実は結構高いです。
高齢者の生活を安定させるためには若者の労働力や収入を当てにしなければならないわけですからこの辺は特に注意が必要ですね。

あとはその集めた情報の中で「自分なり」に考えて投票にいけばいいだけです。
もちろん「全くマトモなのがいない」というのであれば「投票に行かない」という選択肢もあります。

将来的に「自分が変えてやる」と立候補を考えるのであれば「どうやれば自分の主張に耳を貸してくれるのか?」ということを学ぶ機会でもあります。

そういうわけで「その場限りの意見は絶対に耳をかさない」というのが選挙時の「鉄則」だったりします。

まあ、『公約=マニフェスト』は義務ではないので正直守られることのほうが少ないですが。

参議院選挙は終わりましたが、東京都議選や今後の選挙でも必要なことなので、ここに書き留めておくことにします。



この記事のカテゴリーとタグ

オーサー紹介

ほんと参った

一応このブログの管理をやっております。
基本スタンスは「テキトーにやる」なので、あまり期待せずに見ていただければ幸いです。
何か御用がありましたらお問い合わせページよりご連絡ください。
ちなみにnoteはこちらからどうぞ。

スポンサーリンク