【公開日】 2016年11月15日  【最終更新】 2016年12月07日

InstapaperとPocket。あとで読むのに適しているのはどっち?(結論編)

【この記事を読むのに必要な時間は約〈 2 分55秒 〉です。】

前2回でPocketとInstapaperのメリット・デメリットを書いてきましたが、今回は「結局どっちがいいのよ?」という部分に触れる「結論編」と題してお送りしていきます。

では短いですがお読みいただければ幸いですm(_ _)m

「Instapaper対Pocket」のまとめ

実際にはPocketもInstapaperもすごく便利で甲乙つけがたいところではあります。

InstapaperはPocketで保存されなかった画像を表示できたり、と言った部分はありますが、一方でWebページを保存しないので、記事ビューを使えないサイトではPocketより使えません。

逆にPocketはWebビューのあるおかげで記事ビューで保存できないサイトでも表示させることができるというメリットがありますが、いきなりページに飛ばされるため不快な部分もあります。

 

こういった点を考慮すると

  • 画像系のサイトなどの一部ではWebビューでしか表示できないためPocketが有利
  • 記事系サイトでは文章そのものに強いInstapaperが有利(ハフィントンポストも保存できました)

という点が言えると思います。

 

ちなみにYouTubeなどの動画はどちらも保存できますし、普通に再生できます。(投稿者が著作権などを理由にして外部での再生を認めていないなどの場合は別)

最近はFeedlyにしてもInoreaderにしてもIftttにしてもどちらでも対応していますし、外部との連携などについては困ることは少ないと思います。

 

そういうわけなのであとは好みの問題ですね。

  • 落ち着いた表示がいい方はInstapaper
  • ポップな感じが好きな方はPocket

こういう選び方でもいいと思います。

 

ただし、もし、全てのサイトを保存する、という前提であればInstapaperはあまりおすすめできません。

記事ビューだけなのでエラーが発生しやすいです。

全文表示されない場合でもサイトに飛べるPocketはその点において圧倒的に有利です。

そういった方はPocketを使うといいのではないでしょうか。

 

結局、2回に分けて書いてみたものの結論はほんの少しで済んでしまったようで、なんだか申し訳ありません。

でも、使ってみると意外と悩むものです。どちらがいいのか、正直今だに悩んでおります。

とりあえずここで紹介した点を考慮しつつ使ってみていただけたら面白いんじゃないかと思います。

ここまで長々とお付き合い頂き、有難うございましたm(_ _)m



オーサー紹介

ほんと参った

一応このブログの管理をやっております。
基本スタンスは「テキトーにやる」なので、あまり期待せずに見ていただければ幸いです。
何か御用がありましたらお問い合わせページよりご連絡ください。
ちなみにnoteはこちらからどうぞ。

スポンサーリンク

コメントを残す