【公開日】 2016年11月16日  【最終更新】 2017年07月26日

pocketでInoreaderの新着アイテムをすべて保存する方法

【この記事を読むのに必要な時間は約〈 5 分24秒 〉です。】

もう認知度も高まってきたと思うのでInoreaderやPocketの説明は抜きにしますが、この2つ使い分けると結構きついんですよね。

InoreaderからPocketに送る際には有料サービスへの登録こそ要らないものの、わざとなのか、カードビューなどでは、わざわざ記事を開くか、横の「…」からいちいち開かなきゃなりません。

それにInoreaderだとフル記事での表示にならないので、いちいちサイトにアクセスするのが面倒になります。

だって中身をほとんど確認しないのに、ただチェックをつけて、また他のサービス開かなきゃならないんですよ?

もう面倒すぎます。

そこで「Pocketに全ての記事を保存してしまおう!」って考えにたどり着きました。

これだといちいちInoreaderを開くこともなく、Pocketだけで情報収集が可能になります。

必要なもの

まず、上記2つのサービス(Pocket+Inoreader)には登録してあることを前提に。

それとInoreaderのほうは月300円のPlus以上のプランが必要になります。

詳しくはこちら。(Inoreaderのプラン紹介画面に飛びます)

あとはIFTTTへの登録が必要です。(無料なので登録しておくだけでも後で使えます)

inoreaderplanInoreaderは無料だと「全ての記事を組み合わせた RSS フィード」が使えないので、1個1個のURLをIFTTTで登録していく必要があり、このやり方は使えず、ちょっと非効率です。

やり方

まずInoreaderで受け取りたいRSSを登録しておきます。

inoreader_feedそして左側のメニューの「全ての記事」を右クリックし「RSSフィードを取得」を選択します。

こうするとURLが表示されるのでこれをメモ帳か何かにコピペしておいてください。

 

次にIFTTTで「RSS」から「Pocket」の保存のためのトリガーを作成します。

ifttt_maker画面上部の「My Applets」を選択し、右にある「New Aplet」を選択、[IF+this then that]という文字が表示されるので、「+this」をクリックします。

ifttt_feedbutton「Feed」を選択、「New feed item」を選んでください。

ifttt_rss_newitemするとFeed URLを登録する項目が出てきますので、ここに先ほどInoreaderで取っておいたURLを登録してください。

これでRSSの方の設定は完了しました。

 

ifttt_thenそして最初の画面で「this」の部分にRSSフィードのマークが入っていると思いますので、次に「+that」を選択し、「Pocket」を選びます。

Pocketの場合には「Save for later」一択なのでこれをクリックしてください。もし連携が済んでいない場合には先にそちらの作業を行わないと表示されません。

 

then_createあとはURL部分に{{EntryUrl}}、Tagはお好みのタグをつけて[create action]をクリック。

最後に「Receive notifications when this Applet runs」という選択肢が出てきますが、これはこのアクションが成功した時に通知を受け取るかという設定なのでお好みで。

数が多いとスマホでIFTTTアプリを入れていた場合、通知で埋め尽くされます・・・。

そして「FINISH」で終わりです。

あとは少し時間をおいてから(基本的に1時間前後)PocketにアクセスするとPocketに新着記事が続々届きます。

まとめ

この方法だとInoreaderで取得するRSSなどを管理できるので、どこに何があるのかが判別しやすく、Pocket単体でIFTTTと連携させるよりもはるかに効率的です。

Pocket側での記事管理も気に入ったものはお気に入りに、そうでないものは放置でいいわけですから、2度見3度見しやすく、見逃しが少なくなります。

Pocketで有料登録しておけばさらに便利です。おすすめタグや全文検索が使えるのでスムーズに探し物が見つれられます。

問題はちょっとお金がかかるという点ですね。しかも支払いはクレジットカード前提なのでちょっと厳しいです。

でもPocketを入れても1か月1000円以内で効率化できるので、少しでも手間を省きたいという方は試してみてはいかがでしょうか?

やりすぎると制限がかかることも・・・。

IFTTTでは一定の処理量を超えるとエラーを起こすことがあるようです。(試した際にはそんなに登録していなかったのでエラーが起こっていなかっただけかもしれません。)

もしエラーに遭遇したという方は、直接Inoreaderのルールを使って必要な記事を直接PocketやEvernoteに転送したほうが効率がいいかもしれません。(有料プランなら自動タグ付けも可能ですし。)

明確な基準が無いですし、個人的には制限に引っかかったことがないので何ともいえず・・・申し訳ありません。



オーサー紹介

ほんと参った

一応このブログの管理をやっております。
基本スタンスは「テキトーにやる」なので、あまり期待せずに見ていただければ幸いです。
何か御用がありましたらお問い合わせページよりご連絡ください。
ちなみにnoteはこちらからどうぞ。

スポンサーリンク

コメントを残す