【公開日】 2016年11月17日  【最終更新】 2017年05月21日

InoreaderでRSSを全文表示する方法

【この記事を読むのに必要な時間は約〈 5 分14秒 〉です。】

RSSリーダーを使っている方は情報を一括で手に入れたいという方がほとんどだと思いますが、サイトによっては記事の一部しか配信しておらず歯痒く思ったことはありませんか?

自分もその一人で「なんで全文配信してくれないのか!」と毎回毎回イライラしています。

そこでInoreaderからサイト移動せずに全文を読むためにはどうしたらいいのか?そこをちょっと考えてみました。

※こちらの記事はPC向けです。ちなみにスマートフォンの場合、記事の要約画面(記事を選択した後の画面)で下に引っ張れば読み込みます。(もちろん完璧じゃないですが・・・。)

フレーム内でウェブサイト表示

RSSフィードを読むときに開く画面がありますよね?

ここに直接サイトを表示してしまうという方法が実はInoreaderには用意されています。

やり方は簡単で「記事を開いたときに上部にある丸い網のようなボタンを押す」だけです。

inoreader_button2

このボタンを押すとフレーム内にウェブサイトそのものを読み込んでくれます。

ちなみに隣のコーヒーカップのようなボタンは「モバイルバージョンの記事を読み込む」ためのボタンですので余計な装飾などを省いたシンプルな記事を読みたい時にはおすすめです。

※追記:この操作は「w」キーだけでできるので、全文表示できる方法の中では一番効率的かもしれません。後から気づいたので追記です<(_ _)>

ただこの機能、効かないサイトもあるので確実とは言えませんし、これを一括で処理してくれるような設定は今のところInoreaderにはないので、いちいち開いてボタンを押して・・・という作業は必要です。

Inoreader Full feedを使う

Inoreader Full feedって何?という人も多いと思いますが、これはスクリプトです。

下のサイトでインストールできます。

Greasy Fork[Inoreader Full Feed]

InoReaderで記事の全文を表示します。
また、その元記事に次のページがある場合、次ページの全文を継ぎ足し表示できます。
ChromeおよびFirefox 31以降に対応。

ChromeではTampermonkeyをインストールすると、このページ左上のInstallボタンからインストールできます。
FirefoxではGreasemonkeyもしくはScriptishをインストールすると、このページ左上のInstallボタンからインストールできます。

ということですので、「Tampermonkey」のようなスクリプトを管理する拡張機能などが必要になります。

これを使うとInoreaderのサイトで記事全文を余計な装飾を省いて読み込んでくれます。

機能としては先ほどの「モバイルバージョンの読み込み」に近い感じです。

inoreader_button

これを使うと記事を開いた際に「F」というボタンが上部に追加されます。

これを押すと全文を読み込みに行ってくれるので、Inoreaderに用意されているサイトそのものを読み込む機能より手軽に記事を読むことが出来ます。

問題はいちいちスクリプトの実行許可を出さなきゃいけないということです。

基本的に一番下の[Allways Allow domain]を選んでやればいいんですが、これが結構面倒です。

inoreader_setting

ちなみに記事を開いたときにそのまま読み込んでほしい場合、右上の設定から「Full feed設定」という一番下の項目を選んで、[Auto Load]のタブでホワイトリストに追加するか、下の[自動的に全文を読み込むアイテム]を[全て]もしくは[ブラックリスト以外]を選ぶといちいちボタンを押す作業が減るので楽です。

ただしサイトによっては記事本文を読み込んでくれないサイトがあったり、文字化けをしてしまうサイトがあるので、その場合には「ブラックリスト」を使うか、「ホワイトリスト」に登録したサイトのみ読み込むか、という方法をとるといいと思います。

まとめ

ただし、これらの方法は万能ではなく、必ずうまく働かないサイトがあります。

例えばInoreaderに搭載されている機能では自分の場合、GIGAZINEなどのサイトではPC用サイトが読み込めませんでした。

また、同じサイト内の記事にもかかわらず、文字化けしてしまい読めないものと普通に読み込んでくれるものが分かれるサイトもありました。

そもそも全文配信しているサイトには不必要ですから、すべてにFull feedを適用するのは無意味ですね。

このあたりの扱いもサイトでバラバラなのでどうにかしてほしいところです。

どうしてもうまくいかない方はPocketとInoreaderの連携を試してみるといいかもしれません。

サイト運営者の利益と閲覧者の利益、両方守れるやり方ってないんですかね・・・。



オーサー紹介

ほんと参った

一応このブログの管理をやっております。
基本スタンスは「テキトーにやる」なので、あまり期待せずに見ていただければ幸いです。
何か御用がありましたらお問い合わせページよりご連絡ください。
ちなみにnoteはこちらからどうぞ。

スポンサーリンク

コメントを残す