【公開日】 2016年11月23日 

他県からお嫁に来たアラサーの気持ち

【この記事を読むのに必要な時間は約〈 2 分14秒 〉です。】

「いいご縁があり、他県の方と仲良くなってお嫁にきました。

大好きな人と一緒に生活できる幸せを感じていますが、全く縁のない土地での生活に戸惑う事が多く緊張の連続です。

しかも、30歳をこえたアラサーでの転居なので出会いが少なく、若い頃より人と打ち解けにくく友達も出来ません。

何かいい方法や気持ちの持ち方、同じ悩みを持つアラサーの方の思いを知りたいです。」

takebe055122916_tp_v


こんな悩みもあるんですね。

確かに見ず知らずの土地で、話し相手もおらず、日常を送るとなるとストレスも並大抵なものじゃないと思います。

基本的に友達をつくるためには「積極的に自分から話しかけていく」というのが鉄則なのですが「嫌われたらどうしよう」という意識がこれを阻止するんですよね。

しかも若い頃と違って危険性を認識しているため、余計に守りに嵌ってしまう、よくあるパターンだと思います。

残念ながら同じ悩みを持つ人間でないので適切なアドバイスかどうかはわかりませんが「パートなどに出てみる」などではどうでしょうか?

これだとよほど閉鎖的なところでもない限り、1人2人は知り合いができるんじゃないか、と思います。

それに加えて、少ないとは思いますが経済的な余裕も出てくると思うので、行動範囲も広くなるんじゃないでしょうか。

インターネットだとどうしても「友達」と言えるレベルの関係を築くのは難しいですし、下手をすれば出会い系などに嵌ってしまう可能性もあります。

結局、自然に地域の人達と触れ合うためには、何かの「大義名分」があったほうがいいと思うので、自分的にはちょっと働きに出るという方法をおすすめします。

地域での行事に参加するのもいいんですが、過疎地域だと同年代の人が少ないですし、都市部だとそもそもそういったイベントがない場合もありますから難しいですね・・・。

他にいい案をお持ちの方はコメントなどに書き込んでいただけると助かります。

この悩みを書いてくれた方が見ているかどうかはわかりませんが他の方の参考になるかもしれないので。



この記事のカテゴリーとタグ

オーサー紹介

ほんと参った

一応このブログの管理をやっております。
基本スタンスは「テキトーにやる」なので、あまり期待せずに見ていただければ幸いです。
何か御用がありましたらお問い合わせページよりご連絡ください。
ちなみにnoteはこちらからどうぞ。

スポンサーリンク

コメントを残す