【公開日】 2017年03月09日  【最終更新】 2017年05月10日

『十角館の殺人』を読んで推理小説の世界に

【この記事を読むのに必要な時間は約〈 1 分6秒 〉です。】

画像提供:アイキャッチャー

「十角館の殺人」

推理作家・綾辻行人の人気作、館シリーズの第一作がこの「十角館の殺人」です。

推理小説を初めて読んでみたいんだけど…という人がいたら、必ずおすすめするのがこの作品です。

なぜなら、私もこの作品を読んで推理小説の世界にどっぷり浸かるようになったからです。

大学のミステリ研の仲間7人が、十角形の奇妙な館が立つ島に訪れることにより始まる物語なのですが…詳しい内容はネタバレになってしまうので言えません。

しかし、必ず誰もがこの小説を読むと驚愕してしまうということは自信を持って言えます。

私は寝ることを忘れ一晩でこの小説を読み切ってしまいました。

そして、他の館シリーズも読み進めていき、だんだん推理小説に病みつきになっていったのです。

まだ読んだことが無い、何も知らないまっさらな状態でこの作品の世界に浸れる人がとても羨ましいです。

リンク

講談社BOOK倶楽部 十角館の殺人 <新装改訂版>



オーサー紹介

CrowdWorker

クラウドソーシングにて書いていただいた記事を掲載しています。
文章についてのお問合わせは管理人までお問い合わせフォームよりご連絡ください。

スポンサーリンク