【公開日】 2017年04月04日  【最終更新】 2017年05月10日

【書評】A GUIDE TO THE WORLD

【この記事を読むのに必要な時間は約〈 1 分15秒 〉です。】

 

画像提供:アイキャッチャー

harunさんにご提供いただいた記事です。

『 A GUIDE TO THE WORLD』

この本の魅力はなんといっても夢が詰まっていることです。

世界一周旅行をしたい!という夢は、誰しも一度は抱いたことがあるのではないでしょうか。

この本は、その夢を実際に叶えたご夫婦の旅日記のような本です。

2年間かけて実に世界82ヶ国を旅した行程が、写真付きでぎっしりと記されています。

この本を読むと、自分にも世界一周ができるのではないか、と夢を見ることができます。

なぜなら、執筆者であるご夫婦が、かかった費用や各国の情勢など、事細かに記してくれているからです。

もちろん各国の情勢は嘘偽りなく書かれているので、美しい国に心を奪われるページがたくさんある反面、危ない国のページには心を痛めることもありました。

しかしそれらをトータルして、やはり世界のいろんな国を見て回りたいと思わせられる本だと思います。

リンク

めくれば始まる 世界一周(Amazon.co.jp)

めくれば始まる 世界一周(リベラル社)



オーサー紹介

CrowdWorker

クラウドソーシングにて書いていただいた記事を掲載しています。
文章についてのお問合わせは管理人までお問い合わせフォームよりご連絡ください。

スポンサーリンク