【公開日】 2017年11月04日  【最終更新】 2017年11月12日

痔になったけど病院行かなきゃダメなの?

【この記事を読むのに必要な時間は約〈 8 分56秒 〉です。】

タイトルを見て個人的なことだと思った方はゴメンナサイ・・・。なったとしてもこんなことをおおっぴらには書き込みませんけどね(^_^;)

さて今回は『痔になったことがあるか?』『その時どうやって治したか?』ということをアンケート取ってみましたよ!

依頼内容はこちら!

【お暇な時に!選択するだけのアンケートです・1件1円×300件】痔になったことありますか?また、その時どうしましたか?

「こんなとこで依頼したの公開しても大丈夫なの?」と言われそうですが、別に隠すほどのものでもないので構わないです。今後もアンケートは続ける気ですから多くの方に知ってもらうほうが重要ですし。

 

追記です。

大変申し訳ないのですが、個人的な理由によりCrowdworksのアカウントは閉じることになったので、上の依頼へのリンクは打ち消し線で修正させてもらいました。今後は別のところで依頼を出していきますのでそちらでご協力お願いしますm(_ _)m

 

さてちょっと脱線しましたが、今回集めたデータを元に痔になったことのある人の割合とその治療法を見ていきたいと思います。

あくまでも医療情報ではなく、他の人が取った手段についてなので参考程度にお願いします。

ではさっそく見ていきましょう!

痔になったことありますか?

今回は痔の治療法を尋ねる前に「なったことがあるか」を質問に加えたのでそちらをまずはまとめていきたいと思います。

今回の回答者数は300人で男性84人、女性216人と圧倒的に女性の方が多いです。

男性の回答が全回答の4分の1しか無いというのはちょっと想定外でしたが、もちろん性別ごとの統計も後で載せているので極端に意見が偏るということはないと思います。

しかしこういったデリケートな問題についてのアンケートで女性のほうが回答数が多いとは意外ですよね。クラウドソーシングを使ったからかもしれませんが、そこは今回はスルーしておきましょう!

さて男女合わせての「痔になったことがある」という割合はこちらになります。

6割程度の方が「ある」ということです。ちなみに「ある」と答えた方は196名、「ない」と答えた方は104名でした。

やっぱり痔になったことがあるという方は結構多いようです。意外と周りにもおられるんじゃないでしょうか?

まあ、そういった詮索はあまり好まれないと思うので抜きにして、やっぱり多くの方が「痔」には悩まされているようです。

では次は「どうやって治したのか」を見ていきましょう!

どうやって治したのか?

痔になったことが「ある」という方を対象に「どうやって治したのか?」を訊いてみました。

今回のアンケートの目的が「痔になった場合、絶対に病院に行くべきなのか?」というものなので、ここは訊いとかないとマズいですよね。

ということでアンケートの結果がこちら。

痔になったことがあると答えた方が196名で、そのうち「病院に行った」という方が41名、「薬を使った」という方が65名、「放置」という方が56名、「実はまだ治っていない」という方も34名おられました。

意外と皆さん、病院に行っているんですね。痔になった5分の1の人が病院に行っているということになります。個人的には「恥ずかしいから病院には行かない」という人がもうちょっと多いと思ってました。

全体としてはこんな感じです。次は男女別で確認していこうと思います!



痔になったことありますか?(男性編)

やっぱり性別に偏りがあると出る結果も違う可能性があるので、ここは性別で統計を出しておくべきですよね。

ということで男性の「痔になったことがある」割合は下のグラフのようになってます。

やっぱり6割以上が「ある」という結果になりました。

ちなみに男性の回答総数は84名で「ある」と答えた方は53名、「ない」と答えた方は31名でした。

全体の割合とほぼ変わらないようなので特に書くことがありませんよね・・・。

痔になったことありますか?(女性編)

ということで次は女性の割合を見ていきたいと思います。

出産などで痔になってしまう方もいるという話を前に聞いたこともあるので男性よりは多いんでしょうか?

ではその結果です。

こちらも大して全体の割合と変わらないようで、6割以上が痔になったことが「ある」という回答でした。

女性の回答総数は216名、「ある」と答えた方は143名、「ない」と答えた方は73名でした。

ん~、あんまり言及するポイントがないのも書く側からすると困ったものですよね・・・(^_^;)

とりあえず「女性も痔を経験した方が多い」ということのようです。



どうやって治したのか?(男性編)

今度は男女別の痔の治し方を見ていきましょう!

ではまずは男性からですね。

男性で痔になったことが「ある」と回答した方は53名なのでその内訳になります。

「病院に行った」という方が25%で13名、「薬を使った」という方が32%で17名、「放置」した方が28%で15名と薬を使って治したという方が多いようですね。

ちなみに「実はまだ治っていない」という方が15%で8名おられるので、この方々が今後どの方法を取るのかでまた変動しそうですね。

まあ、ほとんどの場合は「放置」になりそうな気もします。

こちらもあまり全体とズレがありませんね。

どうやって治したのか?(女性編)

さて最後に女性の治療方法を見ていきましょう。

といっても今までの結果を見ると「あんまり変わらないんだろうなあ」と思いますけどね。

こちらが女性の治療方法別のグラフです。

やっぱりあまり変わらないですね。

ただ、男性よりも「病院に行った」というのは少ないみたいです。ここは予想通りだったのでちょっと安心しました(´∀`)

もちろん自分の予想が当たっていたから、という意味でですよ。

ちなみに女性で痔になったことが「ある」と回答されたのが143名で、「病院に行った」のが20%で28名、「薬を使った」のが33%で48名、「放置」した方が29%で41名、「実はまだ治っていない」という方が18%で26名おられました。

まとめ

今回のアンケート結果を見る限り、多い順に並べると次のようになります。

  • 「薬を使った」 65名(33%)
  • 「放置」 56名(28%)
  • 「病院に行った」 41名(21%)
  • 「まだ治っていない」 34名(18%)

やっぱり薬で治している方が多いようですね。テレビCMなどでも有名な痔の治療薬があるので手軽に試せるからだろうと思います。

放置して治ったという方もおられるようですが、逆に慢性化するパターンもあるようなので油断は禁物です。まだ治っていないという方の中には「治っては再発する」という慢性化に陥っている方もいるのではないでしょうか。

もちろん一番安心できるのは病院に行くことですが、時間的・経済的な問題や、相手が医者といえどやはり見せるのに抵抗感があるという方も多いと思います。

どうしても見せるのに抵抗があるという人はまずは患部を清潔にして薬に頼るというのがいいのかもしれません。

最近ではAmazonなどのネットショッピングでも痔の薬は買えるので、昔に比べると女性でも購入しやすくなっています。

ただし、アレルギーなどで使えない人もいるようなので、ちゃんと説明書は読んでくださいね。

 

一応、プリザシリーズで有名な大正製薬のサイトに病院での痔の検査方法についてのコラムが掲載されているので、そちらをご覧になると少しは病院に行くことへの不安が薄れるかもしれません。

病院での検査方法|大正製薬

 

以上、痔の治し方についてのアンケート結果でした。

薬事法などの関係もあるのでこういうネタは扱いづらいんですよね。次は何にしようかな・・・。



オーサー紹介

ほんと参った

一応このブログの管理をやっております。
基本スタンスは「テキトーにやる」なので、あまり期待せずに見ていただければ幸いです。
何か御用がありましたらお問い合わせページよりご連絡ください。
ちなみにnoteはこちらからどうぞ。

スポンサーリンク

コメントを残す